FC2ブログ

☆P.P.Pのロクなもんじゃねえ☆ (overseas ver.)

タイ旅行、フィリピンパブ、居酒屋、80年代洋楽を、こよなく愛し、そしてギャンブルも少々たしなむ、ロクなもんじゃねえオヤジ、P.P.Pが、タイ行脚記を中心に、海外ネタを無手勝流に語る・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

☆タイ行脚回想記・7月編~7日目・その2☆




ウイークエンドマーケットの帰り、私はNちゃんに田舎に帰る事を勧めていました。


『タイには、またすぐ来るつもりだから、今回は早くお父さんのところへ行ってあげなさい』


と、いうのが、表向きの理由ですが、本音はもちろん違います(笑)


しかし、Nちゃんにしても、やはり父親の事が心配なので、話は帰るという方向で、まとまってきたのです(笑)。


さて、そうなるといよいよ、


“肝心の話”


を、しなければなりません。


そう、


“お布施の話”


です。


タイに行く前から


『タイに行くだけで精一杯たがら、あまりお金も使えないよ』


と、三味線を引いていた私と、


『Nちゃん、かわいそう。お父さん病気だから、いつもお金ない。』


と、いつも金欠を訴えているNちゃんとの、面と向かってのガチンコ対決がいよいよ始まったのです。


私としては、一晩+二日間+田舎⇔バンコク間のバス代という事で、総額15000バーツを提示しました。


ところが、Nちゃん、それだけでなく、田舎のお父さんの治療費に必要との事で20000バーツの上乗せを訴えてきたのです。


まあ、正確には、援助を求めてきたという方が近いかと思います。


決して豹変した態度に出るというわけではなく、遠くを見つめながら目に涙を浮かべ、


『そのお金がなかったら私はどうしたらいいの?』


的な、いわゆる泣き落としに出てきたのです・・・(;´Д`)


私からしてみたら、会って一緒に観光してくれたお礼はするけど、治療費に関しては別の話です。


けれど、彼女的には、病気のお父さんの看病もせずにバンコクに来て私と遊んだだけで、治療費も持ってかえらなかった日には、とんだ親不幸者であるとでもいいたげな模様なのです。


これはフィリピン人との擬似恋愛でもそうなんですが、


結局のところ彼女たちの背景には、お金がないというバックグラウンドが常に付いてまわる


ので、なまじ付き合いが深くなればなるほど、必ずそういう展開が待っているのです(経験上)。


だから、そういう話に推移するのは、ある意味想定内ではあるのすが、そこまで抱え込めるだけの甲斐性もないのも、また事実なのです(情けないですが・涙)。


しかも、相手は金の事だけしか頭にないのか?と言ったらそうではないところに、余計難しさがあるのです。


ましてやこの時彼女は、タニヤから足を洗って、普通の女の子になってましたので、収入がないのもわかります(いつ電話してもちゃんと出てたので、多分間違いもないと思います)。


初めは、そんなに余分なお金は無い事を説明して、理解してもらう事に努めていたのですが、一向にラチがあかないので、私も半ばヤケッパチで、


『わかった、わかった!あなたの望み通りのお金をあげるよ。だけどそれで、オレはもうお金ないになっちゃうから、今夜はもう田舎に帰ってね。それと、オレはそんなお金持ちじゃないから、会うたびにそういう事を期待されたのでは、たまらないから、そんな話になるのなら、もうこれからNちゃんとは会う事もできなくなっちゃうだからね。』


かわいそうな気もしましたが、自分的には、半ば手切れ金を渡すような気持ちで、そう捨てゼリフを吐いたのです。


どこまでこちらの言ってる事が伝わってるのかは、わかりませんが、Nちゃんは納得したみたいで(会えなくなるとは思ってないみたいでしたが)、


『ごめんね。ありがとう。』


と、いう事で、車の中でのやりとりは終了しました。


話が決まった以上、これ以上もめても仕方がないし、冷静に考えれば彼女の気持ちもわからないわけでもないし、彼女も大変なのも事実ので、私は無言で彼女を抱きよせ、ついでに乳首のあたりに手を入れ愛撫しておりました(笑)


するとNちゃん、気持ちよくなってきたのか(?笑)、耳元で囁くように


『ホテルに帰ったらS○Xしたい・・・』


と、いうではありませんか(驚)


私的には、正直ホテルに帰ったら、お布施だけ渡してさっさと帰すつもりだったのですが、Nちゃんの乳首を触りながらの応対だったため、思わず、


『OK、わかった』


と、言ってしまったのでした(笑)


そして時間は午後6時。


ホテルに付いて、ドライバーとの精算を終え、M氏と夜の部の集合時間を決めた後、私はNちゃんと部屋に行き、“最後の一戦”に臨みました。


もちろん今回も“生”で!!


そして本気印で感じるNちゃん。


私的にも、彼女との凸凹は、今までしてきた相手の中でもトップクラスの相性だと思ってます。


そして事後には、記念(?笑)にあそこの写真もアップでいっぱい撮らせてもらいました(汗;)


お布施が介在するとは言っても、このあたりの“情”がタイ娘の魅力でもあるんですよね。


お互いが、割り切れるようで、割り切れないとでもいうところでしょうか???


まあ何はともあれ、途中お布施の話でいやなムードが流れた我々でしたが、戦いの後はノーサイド。


最後は『元気でね』と抱擁とキスを交わし、お別れしたのでありました。


☆なつかしのNちゃん。思い出してたら会いたくなってきた(笑)
↓↓↓↓↓





★注:回想記に登場する店、在籍娘、および、その他すべての情報は、あくまでもその当時のもので、現在の情報ではありません。



☆フィリピンパブネタなど満載の(domestic ver.)はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓
☆P.P.Pのロクなもんじゃねえ(domestic ver.)☆


☆いろんな情報はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓

キングオブタイナイト







タイ夜遊び

Thai Site Ranking

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ








スポンサーサイト
  1. 2010/02/19(金) 16:36:04|
  2. タイネタ
  3. | コメント:0
<<☆タイ行脚回想記・7月編~番外こぼれ話☆ | ホーム | ☆タイ行脚回想記・7月編~7日目・その1☆>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。