☆P.P.Pのロクなもんじゃねえ☆ (overseas ver.)

タイ旅行、フィリピンパブ、居酒屋、80年代洋楽を、こよなく愛し、そしてギャンブルも少々たしなむ、ロクなもんじゃねえオヤジ、P.P.Pが、タイ行脚記を中心に、海外ネタを無手勝流に語る・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

☆タイ行脚回想記・7月編~6日目・その1☆




Nちゃんとの熱い激闘を繰り広げた翌日、この日は、観光ツアー第二弾、『カンチャナブリ観光の巻』です。


もちろん私はNちゃん、M氏は念願叶ってAちゃんを連れてのツアーです。


M氏の方は、夜の凸凹の方も、Aちゃんが本気印のガチンコ勝負だったという事で、大満足だったらしく(内緒の報告・笑)、朝から満面の笑みでの登場です(笑)


そしてこの日の、ツアーを担当するのも、“今ツアー三日目”にもチャーターしたツアーガイドMr.Tの会社です。


この日はカンチャナブリという事で、遠方でしたので、一日時間無制限で5500バーツと、500バーツほどは高くなりましたが、それでも、専用ワンボックスカーに乗って、好きなところを好きなようにまわれて、ガイド料も、ガソリン代もすべて込みで、この値段ですから、超破格値である事は言うまでもありません。


そんなわけで朝7時、ロビーでピックアップされて、ツアーの開始です。


我々四人を乗せた車は、まずは一路、“戦場に架ける橋』で有名なクワイ川鉄橋に向かいます。


途中で、戦争記念館(?・名前忘れた)とかなんとかいうところを経由して、クワイ川鉄橋に到着。


ここで、車を降り、列車が来るまでのしばしの間、鉄橋の上などを歩いて散策するわけなのですが、安全柵など当然ないので、足を滑らせれば、下の川に落ちてしまうし、高所恐怖症の私にはなかなか怖いところでありました。


newuraita-62-13969-e0b0e64936l.jpg


そして、散策の後はクワイ川鉄橋駅に集合。


こんな電車に乗っての45分の列車の旅の始まりです。


newuraita-62-13970-a8dc63fa58l.jpg


途中コーヒーや、スナックのサービスを受けながら、車窓に流れるタイのほのぼのとした田舎の風景を味わい、“タムカッセ駅”で下車します。


newuraita-62-13971-f44807adb0l.jpg


newuraita-62-13972-5a70650f9el.jpg


そのあと駅前の風光明媚なレストラン(?)で食事を食べ(うまい!)、山の中に作られたお土産屋台を冷やかして歩きながら、再び車に乗車、次なる目的地である“サイヨークエレファントキャンプ”に向かいます。


もちろん目的は、象のトレッキングになるわけですが、私的な感想としては、象乗りをするなら、この“サイヨークエレファントキャンプ”が、距離も長いし、コースも変化に飛んでいて、一番オススメではないかと思います。


サイヨークエレファントキャンプで、象乗りや象の曲芸を楽しんだ後は、一路バンコクへ帰還。


午後6時半、ホテルに到着です。


ホテルに到着後は、その足で近く(SOI11)にある“オールドジャーマンビアハウス”へと向かい、この日の打ち上げです。


ここでは、ステーキとビアシンで、乾杯といきました
( ^^)Y☆Y(^^ )


そして、打ち上げの後は、疲れた身体を癒しに、Nちゃんのアパートの近くでもある、プロムポンにあるマッサージ屋に行き、四人並んで、二時間たっぷりとマッサージを受け、この日のスケジュールは終了したので、ありました。


と、いう事で、ここで私はNちゃんをアパートに帰します(笑)


えっ、夜も彼女と一緒ではないの?


当然みなさん、そう思われますよね(笑)


私と会うために田舎から出てきた彼女な訳ですが、彼女の泊まってるアパートは、彼女がバンコクにいる時にしていた昼の仕事である美容院の友達のアパートであるわけです。


と、いう事は、当然美容院仲間の友達とも久しぶりの再会になる訳なので、心やさしき私は(笑)、彼女も久しぶりに会う友達とも一緒に過ごす時間が欲しいだろう、との配慮で、

『明日もオレとは、一日一緒なんだから、今日は友達と楽しんでおいで』


と、やさしく声をかけ、彼女を帰したのでありました。


もちろん、本音は違いますけどね(笑)


ちなみに翌日は、『アユタヤ観光』がスケジューリングしてあります。


一方Aちゃんの方は、当初はこの日の23時にブッキングがあるため、タニヤに出勤しなくてはいけなかったはずなのに、M氏の事を気に入ったみたいで、それをキャンセルしてしまいました(@_@;)


そして、翌日のアユタヤも一緒に行くといいます。


これにはM氏、願ったりかなったりの大バンザイです(笑)


と、いう事で、急遽連夜のお泊りが決まったAちゃんは、下着などの替えと、明日用の服を取りにいくために、いったんアパートに帰る事になりました。


計らずして、しばしの間は、私とM氏、男二人だけの時間の誕生です(笑)


もちろん、Aちゃんの場合は、この日もM氏とのお泊りなので、しばらくしたらホテルに戻ってくるんですけどね。


と、いう事でNちゃんをリリースし、終夜自由な私と、Aちゃんがホテルに戻るまでのしばしの間、自由となったM氏は、プロムポンからタクシーに乗って、ソイカへと向かったのでありました(笑)


そこで、私が出会った娘とは!?


・・・・続く




★注:回想記に登場する店、在籍娘、および、その他すべての情報は、あくまでもその当時のもので、現在の情報ではありません。



☆フィリピンパブネタなど満載の(domestic ver.)はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓
☆P.P.Pのロクなもんじゃねえ(domestic ver.)☆


☆いろんな情報はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓

キングオブタイナイト







タイ夜遊び

Thai Site Ranking

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ








スポンサーサイト
  1. 2010/01/29(金) 06:38:06|
  2. タイネタ
  3. | コメント:1
<<☆タイ行脚回想記・7月編~6日目・その2☆ | ホーム | ☆タイ行脚回想記・7月編~5日目・その3☆>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2010/03/11(木) 13:38:27 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。