FC2ブログ

☆P.P.Pのロクなもんじゃねえ☆ (overseas ver.)

タイ旅行、フィリピンパブ、居酒屋、80年代洋楽を、こよなく愛し、そしてギャンブルも少々たしなむ、ロクなもんじゃねえオヤジ、P.P.Pが、タイ行脚記を中心に、海外ネタを無手勝流に語る・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

☆タイ行脚回想記・7月編~3日目・その4☆




・・・続きです m(__)m


ロングガンに入った私とT氏は、ウェイトレスによって、向かって左側の一番奥の席に案内されました。


ご存知の方も多いと思いますが、この店は奥の方が娘たちの着替え、および待機するスペースになってる訳ですが、私はそこで一人たたずむ小柄で少女っぽい娘を見つけました。


『おっ、かわいい!(ハート)』
(※あくまで私基準です・汗;)


私のセンサー(股間ではありません・笑)は瞬時に反応し、それに気付いた彼女も笑顔を返してしたものですから、私は席に着くか着かないかのうちに、彼女の手を引いていました(笑)


“衝撃・その1”


とっ、ところが彼女・・・


“よく見ると、服を着ていないのです”(;゚Д゚)


そう、彼女は生まれたままの姿、すなわち“すっぽんぽん”で立っていたのです。


そんな一糸まとわぬ姿の彼女をはべらせ、目のやり場に困りながらも、コーラで乾杯。


彼女も、すっぽんぽんのまま、うれしそうに私に寄り添います。


結構甘えてくるし、話してても素直だし、いい娘だなあ~


と、彼女は期待通りの娘で、私もご満悦です。


すると、ほどなくして彼女が言いました。


娘『私、今からショーの出番だからちょっと待っててね。終わったらすぐに戻ってくるから』


やっと事情が飲み込めました。


どうやら彼女はステージの出待ちのため、すっぽんぽんで待機していたところを私に指名されたみたいなのです。


私『OK!わかった!がんばってね』


私が快く送り出すと、やがて場内の音楽と照明が変わり、彼女の出番がやってきました。


彼女は、すっぽんぽんのまま舞台に立ち、ショーは始まりました。


“衝撃・その2”


ところが、ショーが始まって、びっくり(@_@;)


彼女の行うショーとは、彼女の大事なアソコを使っての、いわゆる花電車系の芸だったのです。((((;゚Д゚))))


☆秘技その1:アソコで笛を吹く。


☆秘技その2:アソコでタバコを吸う。


☆秘技その3:アソコでロウソクを消す。


☆秘技その4:アソコで吹き矢を飛ばして風船を割る。


と、まさに驚愕のオンパレードです!!!


私はまさか自分の選んだ娘が、そのような芸当をするとは、夢にも思いませんでしたので、正真正銘ブッ飛びました。


いやあ、エライ娘を選んでしまったなあ(汗;)


正直そうも思いましたが、ショーを終え、簡単な衣装を見につけてきた彼女はやっぱりかわいくてタイプです。
(※しつこいですが、あくまでも私基準です・笑)


彼女は相変わらず甘えてくるし、途中から彼女の友達もT氏の横につき、いつしか我々は盛り上がっておりました(笑)


娘『ねえ、今夜はあなたと帰りたい(ハート)』


さあ、いよいよ娘から、甘いお誘いです(笑)


私『い、いいけど・・・あ、あなた(すごく若く見えるけど)IDは持ってるの?(汗;)』


(※グランドビジネスインはIDがないと、泊める事ができないのです)


娘『もちろん!大丈夫だよ』


意外や意外、彼女は20歳でした。


しかし、彼女はタイプとしては申し分ないのですが、衝撃的なショーを見てしまった後だった事、まだソイカに来て、三軒目である事、私がここでペイバーを決めたら、初めてソイカに来た残りの二人はどうなってしまうのか?


等々と、いろいろな事が頭を過ぎっていたため、簡単に決定するわけにも行かず、いささか困惑しておりました。


ところが、次の一言で迷いが決意へと変わってきてしまったのです(笑)。


私『一緒に泊まるなら、お風呂に入るのも一緒だよ』


私は今回も当然、“泡風呂の素”を持ってきてましたので、それは譲れないところです(笑)。


娘『大丈夫だよ。一緒に入る♪』


ペイバーモード確定です(笑)


完全にモード移行してしまった私は、とりあえずT氏に、その旨を伝えました。


私『私、彼女の事、すごくタイプなんで、ペイバーしたいと思うのですが・・・?』


T『あっ、そうですか。それなら私はこの娘を持ち帰ります』


あっさり話がまとまってしまいました(笑)


と、いう事で、私とT氏は着替えを終えた二人の娘とともに、店を出て、ラブホから帰るるM氏を待ちました。


しばらくして、事を終えたM氏が意気揚々と帰ってきました。


ところが帰ってきたらビックリ、私とT氏が、ロングでペイバーを決めてしまっているではありませんか(笑)


つまり、Tilac娘を帰した時点から、今度はM氏だけが、一人になってしまう事になるわけです。


娘を帰した後で、焦るM氏(笑)


そしてこの後、焦った彼の下した決断とは・・・?


三日目の夜は、まだまだ続きます
m(__)m


☆私の身体の半分くらいしかないロングガン娘(すみません、アレンジしすぎましたね。次回はもう少しわかりやすいやつを載せます)
↓↓↓↓
1261955589-Image005.jpg



★注:回想記に登場する店、在籍娘、および、その他すべての情報は、あくまでもその当時のもので、現在の情報ではありません。



☆フィリピンパブネタなど満載の(domestic ver.)はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓
☆P.P.Pのロクなもんじゃねえ(domestic ver.)☆


☆いろんな情報はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓

キングオブタイナイト







タイ夜遊び

Thai Site Ranking

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ








スポンサーサイト
  1. 2009/12/28(月) 08:13:10|
  2. タイネタ
  3. | コメント:0
<<☆タイ行脚回想記・7月編~3日目・その5☆ | ホーム | ☆タイ行脚回想記・7月編~3日目・その3☆>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。