FC2ブログ

☆P.P.Pのロクなもんじゃねえ☆ (overseas ver.)

タイ旅行、フィリピンパブ、居酒屋、80年代洋楽を、こよなく愛し、そしてギャンブルも少々たしなむ、ロクなもんじゃねえオヤジ、P.P.Pが、タイ行脚記を中心に、海外ネタを無手勝流に語る・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

☆タイ行脚回想記・7月編~番外こぼれ話☆



今日は、ちょいと回想記をお休みして、前回のブログのこぼれ話とでも言うか、ちょっとした関連話を書かせていただこうと思います。


7月のアユタヤ→ウイークエンドマーケットのあと、お別れしたNちゃんなんですが、その後まったく連絡を取る事もなく、まさに縁の切れた状態へとなっていったのですが、この後私が9月に訪タイした時に、何とまた


タニヤに復帰していたのです。


しかも前いた店の○○○○○に(驚)


正確に言うと、私自身は実際には顔合わせはしてないのですが、その店の前を通りすぎた時、店の前で並んでいたらしいのです。


至近距離を通ったので、友人は気づいたのですが、私はマジで気づかず、まるでシカトでもしてるかのように、目の前を通りすぎていったという事なのです。


後になって、友人からNちゃんがいた事を聞いて、


結局はお金がなくて、戻りたくないと言っていた元の仕事に戻ったんだな・・・


と思い、複雑な気持ちにもなったのでしたが、かと言って私にどうこうできるわけでもありません。


友人の言葉を裏付けるように、その後彼女からは、訪タイ中、怒涛のような着信がありました。


かわいそうかな?とも思いつつも、会ってまたヘルプを迫られてもかなわないと思い、結局私は一度もその電話を取る事もなく、バンコクを後にしたのです。


そして、それから4ヶ月が経過した今、Nちゃんがどうしているのかは、知る由もありません。


このブログを書いてなければ、思い出す事もなかったかも知れません。


しかし、ブログを書いているうち、懐かしくなり、画像のコメントにも『会いたくなってきた』と、書いてあるように、久々に電話でもしてみようかなという気持ちになってきたのです。


ところが、そう思っていた矢先、そんな思いをさえぎるかのようなメールが来たのです。


発信者はタイ在住の“チビ猿娘”です。


彼女は現在、ナナプラザの某店のダンサーとして踊っているのですが、7月の訪タイ時の“4日目”に出会って以来、私のタイにおける“擬似恋人”として、現在まで継続している相手です。


最近は田舎に帰ってるので、ここ二週間くらいメールがなかったのですが、この時に限って、


『長い間メールしなくてごめんなさい。でも私が愛してるのはあなただけ』


なんて内容のメールを送ってきたのです。


まるで


『浮気しないで!』


と、でも言ってるかのように。


私は今まで、こういう女の勘みたいなパターンには何度も遭遇した経験があります。


本人は知るわけもないなのに、たまたまドンピシャのタイミングで、こちらの行動を抑えるかのようなメールや電話が来るのです・・・


“お猿さん”だけに、人一倍そういった無意識の勘に長けてるのかもしれませんが(笑)、そんなわけで結局は電話をするには至らず、直前で踏み止まったというわけなのでありました。


次回からはまた回想記に戻ります。
m(__)m m(__)m m(__)m




★注:回想記に登場する店、在籍娘、および、その他すべての情報は、あくまでもその当時のもので、現在の情報ではありません。



☆フィリピンパブネタなど満載の(domestic ver.)はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓
☆P.P.Pのロクなもんじゃねえ(domestic ver.)☆


☆いろんな情報はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓

キングオブタイナイト







タイ夜遊び

Thai Site Ranking

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ








スポンサーサイト
  1. 2010/02/22(月) 04:44:27|
  2. タイネタ
  3. | コメント:0

☆タイ行脚回想記・7月編~7日目・その2☆




ウイークエンドマーケットの帰り、私はNちゃんに田舎に帰る事を勧めていました。


『タイには、またすぐ来るつもりだから、今回は早くお父さんのところへ行ってあげなさい』


と、いうのが、表向きの理由ですが、本音はもちろん違います(笑)


しかし、Nちゃんにしても、やはり父親の事が心配なので、話は帰るという方向で、まとまってきたのです(笑)。


さて、そうなるといよいよ、


“肝心の話”


を、しなければなりません。


そう、


“お布施の話”


です。


タイに行く前から


『タイに行くだけで精一杯たがら、あまりお金も使えないよ』


と、三味線を引いていた私と、


『Nちゃん、かわいそう。お父さん病気だから、いつもお金ない。』


と、いつも金欠を訴えているNちゃんとの、面と向かってのガチンコ対決がいよいよ始まったのです。


私としては、一晩+二日間+田舎⇔バンコク間のバス代という事で、総額15000バーツを提示しました。


ところが、Nちゃん、それだけでなく、田舎のお父さんの治療費に必要との事で20000バーツの上乗せを訴えてきたのです。


まあ、正確には、援助を求めてきたという方が近いかと思います。


決して豹変した態度に出るというわけではなく、遠くを見つめながら目に涙を浮かべ、


『そのお金がなかったら私はどうしたらいいの?』


的な、いわゆる泣き落としに出てきたのです・・・(;´Д`)


私からしてみたら、会って一緒に観光してくれたお礼はするけど、治療費に関しては別の話です。


けれど、彼女的には、病気のお父さんの看病もせずにバンコクに来て私と遊んだだけで、治療費も持ってかえらなかった日には、とんだ親不幸者であるとでもいいたげな模様なのです。


これはフィリピン人との擬似恋愛でもそうなんですが、


結局のところ彼女たちの背景には、お金がないというバックグラウンドが常に付いてまわる


ので、なまじ付き合いが深くなればなるほど、必ずそういう展開が待っているのです(経験上)。


だから、そういう話に推移するのは、ある意味想定内ではあるのすが、そこまで抱え込めるだけの甲斐性もないのも、また事実なのです(情けないですが・涙)。


しかも、相手は金の事だけしか頭にないのか?と言ったらそうではないところに、余計難しさがあるのです。


ましてやこの時彼女は、タニヤから足を洗って、普通の女の子になってましたので、収入がないのもわかります(いつ電話してもちゃんと出てたので、多分間違いもないと思います)。


初めは、そんなに余分なお金は無い事を説明して、理解してもらう事に努めていたのですが、一向にラチがあかないので、私も半ばヤケッパチで、


『わかった、わかった!あなたの望み通りのお金をあげるよ。だけどそれで、オレはもうお金ないになっちゃうから、今夜はもう田舎に帰ってね。それと、オレはそんなお金持ちじゃないから、会うたびにそういう事を期待されたのでは、たまらないから、そんな話になるのなら、もうこれからNちゃんとは会う事もできなくなっちゃうだからね。』


かわいそうな気もしましたが、自分的には、半ば手切れ金を渡すような気持ちで、そう捨てゼリフを吐いたのです。


どこまでこちらの言ってる事が伝わってるのかは、わかりませんが、Nちゃんは納得したみたいで(会えなくなるとは思ってないみたいでしたが)、


『ごめんね。ありがとう。』


と、いう事で、車の中でのやりとりは終了しました。


話が決まった以上、これ以上もめても仕方がないし、冷静に考えれば彼女の気持ちもわからないわけでもないし、彼女も大変なのも事実ので、私は無言で彼女を抱きよせ、ついでに乳首のあたりに手を入れ愛撫しておりました(笑)


するとNちゃん、気持ちよくなってきたのか(?笑)、耳元で囁くように


『ホテルに帰ったらS○Xしたい・・・』


と、いうではありませんか(驚)


私的には、正直ホテルに帰ったら、お布施だけ渡してさっさと帰すつもりだったのですが、Nちゃんの乳首を触りながらの応対だったため、思わず、


『OK、わかった』


と、言ってしまったのでした(笑)


そして時間は午後6時。


ホテルに付いて、ドライバーとの精算を終え、M氏と夜の部の集合時間を決めた後、私はNちゃんと部屋に行き、“最後の一戦”に臨みました。


もちろん今回も“生”で!!


そして本気印で感じるNちゃん。


私的にも、彼女との凸凹は、今までしてきた相手の中でもトップクラスの相性だと思ってます。


そして事後には、記念(?笑)にあそこの写真もアップでいっぱい撮らせてもらいました(汗;)


お布施が介在するとは言っても、このあたりの“情”がタイ娘の魅力でもあるんですよね。


お互いが、割り切れるようで、割り切れないとでもいうところでしょうか???


まあ何はともあれ、途中お布施の話でいやなムードが流れた我々でしたが、戦いの後はノーサイド。


最後は『元気でね』と抱擁とキスを交わし、お別れしたのでありました。


☆なつかしのNちゃん。思い出してたら会いたくなってきた(笑)
↓↓↓↓↓





★注:回想記に登場する店、在籍娘、および、その他すべての情報は、あくまでもその当時のもので、現在の情報ではありません。



☆フィリピンパブネタなど満載の(domestic ver.)はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓
☆P.P.Pのロクなもんじゃねえ(domestic ver.)☆


☆いろんな情報はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓

キングオブタイナイト







タイ夜遊び

Thai Site Ranking

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ








  1. 2010/02/19(金) 16:36:04|
  2. タイネタ
  3. | コメント:0

☆タイ行脚回想記・7月編~7日目・その1☆




みなさま、大変お待たせいたしました


m(__)m m(__)m m(__)m


ちょいとプライベートの方がバタバタしていて、まったく更新できていませんでしたが、やっと再開できる状況になりました。


これからは従来のようにコンスタントに更新できる見込みですので(と、言っても二、三日に一度くらいのペースですが・汗;)、今まで同様よろしくお願いいたします。


そんなわけで、ここからは


いよいよ7日目のレポへと突入いたします


そして、この日の昼間は、


“健全観光ツアー第三弾”『アユタヤ観光の巻』です(笑)


と、いう事で、この日もお迎えのプライベートカーが、ピックアップに来るという事で、連日のお泊りのAちゃんとM氏、そして前夜は泊まらず帰したため、再びやってきたNちゃんと私の2カップルは、朝7時、ロビーに集合いたしました。


私的には、


“夕べの内緒のお持ち帰り”


が、Aちゃんにバレてないかが、気になってはいたのですが、その心配もなかったので、まずは一安心!!(笑)


そうとわかれば、心も軽く(笑)、


『夕べは一人寝で寂しかったよ』


な~んて、適当な事を言いながら、Nちゃんを抱きしめ、車へと乗り込んだのでありました(笑)


そしてアユタヤへ=3=3


ところが、アユタヤに向かう道中、M氏から、ちょっとした予定変更の話を聞かされたのです。


それは、Aちゃん、この日は店を休んで、夜からお母さんとプーケットに旅行に行く予定になっているので、16時頃にはアパートに戻らなければいけないとの事なのです。


これには、残りの滞在期間すべてAちゃんを抱え込むつもりだったM氏も、がっかりしたらしいのですが、半面、他のおねえちゃんと遊べるチャンスを得た事にもなったので、痛し痒しでもあったみたいです(笑)


それに、聞けばAちゃんの旅行は、二泊のみ。


つまり、我々の帰国日の午前中には帰ってくるとの事なので、そのままの足でM氏に会いにきて、我々の帰り(深夜便)を見送るため、空港までずっと一緒にいるとの事なのです。


いやはやなんとも、幸せなM氏です(笑)


そんなわけで、この日のアユタヤ観光は、急遽ショートバージョンに早変わり。


夕方にバンコクに戻り、Aちゃんを帰したあとは、残りの三人でウイークエンドマーケットに行くという事に予定変更となりました。


一方で、私のパートナーであるNちゃんなんですが、こちらの方も、アユタヤでの観光中に、病気療養中の、お父さんの容態が悪くなったという電話が飛び込んできたのです。


まあ、緊急を要する事態ではないみたいなので、本人も、


『あなたがタイにいる間は、私もずっとバンコクにいるから大丈夫よ。あなたが日本に帰ったあと、私も田舎に帰るから』


なんて言ってはいるのですが、私としてみたら、ずっといてもらっても困るわけなので(笑)、


『そんな状況なら心配でしょ?早く田舎に帰ってあげなさい』


と、促してはいたのです(笑)


そんな、なんとなくバタバタしたムードが漂うなか、


アユタヤ観光→バンコクに戻りAちゃんを降ろし→ウイークエンドマーケット


と、予定も終了。


プライベートカーでホテルへと帰ります。


とどこおりなく終わったかにみえた一日でしたが、そのホテルに送り届けてもらう車の中で、


私とNちゃんの恋仲が終焉となるきっかとなる、あの会話が始まったのでありました。


その会話の中身とは???


長くなりましたので、続きは次回・・・




★注:回想記に登場する店、在籍娘、および、その他すべての情報は、あくまでもその当時のもので、現在の情報ではありません。



☆フィリピンパブネタなど満載の(domestic ver.)はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓
☆P.P.Pのロクなもんじゃねえ(domestic ver.)☆


☆いろんな情報はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓

キングオブタイナイト







タイ夜遊び

Thai Site Ranking

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ








  1. 2010/02/18(木) 05:09:52|
  2. タイネタ
  3. | コメント:0

お詫び m(__)m



いつもこのブログを楽しみにしていただいている皆様。


まことにすみません m(__)m


先週より、ヤボ用やら、問題やらが、やたらと飛び込んできて、多忙を極めておりましたため、現在更新がピタリと止まっております(激汗;)


来週の月曜(15日)あたりから、通常の状況に戻る見込みですので、あとしばらくだけ、お待ちくださいませ。

本当にすみません


m(__)m m(__)m m(__)m



☆フィリピンパブネタなど満載の(domestic ver.)はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓
☆P.P.Pのロクなもんじゃねえ(domestic ver.)☆


☆いろんな情報はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓

キングオブタイナイト







タイ夜遊び

Thai Site Ranking

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ








  1. 2010/02/14(日) 05:24:46|
  2. その他
  3. | コメント:0

☆タイ行脚回想記・7月編~6日目・その3☆




ソイカを出た、私は夜のスクンビット通りを“村のお祭り娘”と仲むつまじく手をつなぎながら歩いていました。


しかし、その道中で、私は“ある大問題”に気がついたのです。


それは私より先にホテルで合流している“M氏とAちゃん”です(汗;)


時間的にみて、もしもM氏とAちゃんがロビーで落ち合ったあと、二人でお茶なんか飲んでいた日にゃ、モロに我々とバッティングしてしまいます(激汗;)


この日の昼間、カンチャナブリにて、私とNちゃんのラブラブぶりを見て、二人は恋人だと信じて疑っていないAちゃんです。


そしてNちゃんとAちゃんも女同士、意気投合したみたいで、ずっと仲良くしていました。


そして翌日も同じ四人でのアユタヤ観光が控えています。


そんなところで私のお持ち帰り現場を見られた日には、惨劇の幕が開くのは必至だし、Nちゃんとのアマイ擬似恋愛も終わりになってしまいます・・・(またも汗;)


“ソイカのラブホにすればよかった!!”


そう後悔しながらも、私はすかさずM氏に電話を入れました。


もちろん我々がホテルに着く時にロビーにいないようにしてもらうためにです。


ところが、


出っ、出ない!!!(超激汗;;;)


M氏が出ない・・・


ますます焦る私・・・


しかし、電話に出ない→二人でシャワー、または凸凹中、である事を信じ、なかばやけっぱちで、思い切ってホテルに突入しました。


万が一顔でも合ったら大変なので、M氏たちがレストランにいるのかいないのか、確認する事もできません。


彼女がフロントにIDカードを出している時も、出来るかぎり背後のレストランからは見えないように、身を隠しながらの必死の体勢です。


エレベーターに乗った後も安心はできません。


何せ、私の部屋とM氏の部屋は隣同士なのです。


なので、


『みんな寝てるから、静かにね』


と、私は彼女に声も出させず、靴音も立てさせないようにして、やっとの思いで部屋まで連れ込んだのです。


ふう~っ、部屋にさえ入ればとりあえずはひと安心。


私はいつものように、一緒に泡風呂に入り、やっとの事で彼女との戦闘体制に入れたのです(笑)


しかし、戦闘を始めてから数十分?(笑)


今度は、またあらたな問題が出てきたのです・・・


全然逝けない!!(汗;)


本人いわく、凸凹の経験が過去一人しかなく、私が二人目の彼女です。


気持ちはあるみたいなのですが、いかんせん反応が無いのです・・・


まあ、こればっかりは経験の少ない彼女なので、仕方ないと言えば仕方ないのですが、私の方もいつしか疲れてきて、


↑→↓・・・

こんな感じになってきてしまったのです・・・


もちろんソイカを出る時にちゃんと“G7”は服用してきたのですが・・・(汗;)


ところが、そんな私を気遣った彼女、疲れた私を寝るように促し、なんと上になったのです(ちょっと重い・笑)。


そして、私が予想だにしなかった腰使いを始めたのです。


“無想転生!!”


まさに、必殺技を出された感じで、私はあっけなく逝ってしまいました・・・


とても経験値の少ない娘の持っている技とは思えませんでしたが、強力な脚力と、腰力を持つ彼女ならではの秘技なんでしょう。


はっきり言って楽だし、気持ちよかったです(笑)


そんなこんなで、なんとか彼女との一戦を終えた私は、再び全神経を集中させながら彼女をフロントまで送り、無事にスリリングな情事を終えたのでありました。



☆いつも明るいお祭り娘
↓↓↓↓
Image012.jpg




★注:回想記に登場する店、在籍娘、および、その他すべての情報は、あくまでもその当時のもので、現在の情報ではありません。



☆フィリピンパブネタなど満載の(domestic ver.)はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓
☆P.P.Pのロクなもんじゃねえ(domestic ver.)☆


☆いろんな情報はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓

キングオブタイナイト







タイ夜遊び

Thai Site Ranking

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ








  1. 2010/02/05(金) 16:44:54|
  2. タイネタ
  3. | コメント:2

☆タイ行脚回想記・7月編~6日目・その2☆



さて、プロムポンでのマッサージの後、Nちゃんを彼女の友人のアパートへと帰し、翌朝までの自由を得た私と、Aちゃんがアパートに着替えを取りに行きホテルに来るまでの間のつかの間の自由を得たM氏の二人は、男同士になるのを待っていたかのように、足取りも軽く、勇んでソイカへと出かけました(笑)


そして、ソイカに着いて、どこに入ろうか迷っている時、一人の客引き娘が私に近付き、恋人のように私の腕に絡み付いてきました。


彼女はソイカの中ほどにあるSの店の娘で(特定されると恥ずかしいので、イニシャルで、すみません・汗;)、


※推定身長150cm、

※推定体重50kg(汗;)、

※顔は田舎顔(激汗;)


と、はっきり言って、


“チビ、デブ、ブス”


と、三拍子揃った娘です(笑)


そんでもって、そのS店の娘たちは、呼び込みの時に、お祭りの時に着る“ハッピ”のような羽織りモノを着ているのですが、それがその娘には妙にハマっていて、まるで“村のお祭り娘”というような感じです。


当然、普通の感覚の皆さんなら、ありえない娘ではあるのですが、実は・・・私には十分な守備範囲なんですねえ(笑)


と、言うより彼女を最初に見た時の第一声が、


『あなた、かわいいねえ~』(日本語・笑)


だったのですから(笑)


で、それだけでなく、私もまとわりついてきた彼女を、うれしそうにギュッと抱きしめたので、これには、同行のM氏も、思わず目が点になってしまいました(笑)


しかし、さすがに同行している超面食いのM氏を連れて、このまま店に入るわけには行きません(笑)


なので、『later later』と頭をなぜながらエキスキューズをし、とりあえず他店に入ります。


そしてその後、どこに行ったのがも記憶にありませんが(笑)、一、二店冷やかしてまわったあと、そろそろ時間だと言う事で、M氏が帰ったので、私は再度一人でSへと向かいました。


ハッピを着た“村のお祭り娘”はまだ呼び込みをしています。


そして戻ってきた私にうれしそうに抱きつき、二人は店へと入店しました。


彼女の名前はB、歳は二十歳(当時)、まだ入店したばかりのニューフェイスとの事。


当然お客も全然なく、たまに踊っては、外で客引きをやっているらしいのです。


でも先ほども書いたように、私にとっては、守備範囲どころか、むしろタイプです。


彼女は接客もすごく甘く、まるで恋人みたいです。


私はそんな風に甘えて接してくれる彼女をとても愛しく思い、そして言いました。


私『ペイバー、OK?』


彼女は、始めは驚き、そして戸惑うようにしながら


娘『オフコース』


と、答えました。


その戸惑ったしぐさから、あまりペイバーは本意ではないのかな???


そう思って聞いてみると、答えは違いました。


まだまだ新人の彼女です。


と、いう事で、なんと、


“彼女にとっては私が、初めてペイバーを申し込んだ相手”


だったのです(驚)


それが証拠に、私がペイバーを決めてから着替えに行く時、そして着替えから出てくる時、みんなに祝福されてるではありませんか(私はこのパターン、他でもあり・笑)


まあ、新人だからって言うのはあっただろうけど、そんな容姿なら、わざわざ好き好んで、そんな娘をペイバーするお客がいなかっただけだろう。


賢明な皆さんなら、そう思われてるでしょうし、私もそうは思いましたが、私的にはどんなにかわいくても、人気がありすぎたり、手の届かないような娘よりは、今回のNちゃんといい、“四日目の”猿娘といい、現在のフィリピンパブの擬似恋愛娘といい、


“自分だけの女”


という感覚で扱える“B級の娘がタイプ”なので、そういう意味でも、この“村のお祭り娘”は最適なのです(笑)


ましてや“お店処女”の彼女の初めての相手になれるなんて光栄な事ではありませんか(プライベートを入れても、私が二人目らしいです)


と、いう事で、ソイカを出た二人は仲良く手をつなぎながら、スクンビット通りをホテルに向かい仲良く歩いていったのでありました。


しかし、ここで私の脳裏には、突然ある大問題がポッと浮かんできたのです(汗;)


果たして、その問題とは???


“村のお祭り娘”との“ベッドでのお祭り風景”と合わせて、続きは次回にて・・・




☆村のお祭り娘(私はタイプです・笑)
↓↓↓↓
Image011.jpg


☆明るいお祭り娘(思い出したら会いたくなってきた・笑)
↓↓↓↓
Image010.jpg




★注:回想記に登場する店、在籍娘、および、その他すべての情報は、あくまでもその当時のもので、現在の情報ではありません。



☆フィリピンパブネタなど満載の(domestic ver.)はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓
☆P.P.Pのロクなもんじゃねえ(domestic ver.)☆


☆いろんな情報はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓

キングオブタイナイト







タイ夜遊び

Thai Site Ranking

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ








  1. 2010/02/04(木) 03:08:22|
  2. タイネタ
  3. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。