☆P.P.Pのロクなもんじゃねえ☆ (overseas ver.)

タイ旅行、フィリピンパブ、居酒屋、80年代洋楽を、こよなく愛し、そしてギャンブルも少々たしなむ、ロクなもんじゃねえオヤジ、P.P.Pが、タイ行脚記を中心に、海外ネタを無手勝流に語る・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

☆タイ行脚回想記・7月編~3日目・その5☆




Tilac娘とショートでの一戦をすませ、意気揚々と帰ってきたM氏は、まさかの私とT氏のロングペイバー決定にびっくり(笑)


今度は一転して、自分だけが一人になってしまうという展開にうろたえてます(汗;)


もっとも我々も、そんなM氏を放っていけるはずもありません。


M氏を待っている間に、娘たちと協議して、


すぐにホテルに直帰するのではなく、M氏を交えたみんなでご飯を食べて、カラオケに行って、それからホテルに帰ろう


と、いう話に決めてましたので、その旨をM氏に提案したのです。


ところがM氏、


『いや、お二人に相手がいるのなら、私だけ一人なのは寂しいですから、今から速攻で、相手を見つけてきます』


と、おっしゃられるではありませんか
(ノ゚O゚)ノ


と、いう事で、そこからドタバタの、


“M氏のお相手探し”


が始まったのです(笑)


ちなみに娘たちは、M氏が帰ってくるまでの間、結構長い時間待たせていましたし、お腹もペコペコという事なので、M氏が帰ってきたのなら、早く次に行きたいばかりです。


なので、とにかく手当たり次第、いろんな店に入っては、ササッと娘をチェックして、もしも気に入った娘がいたら、会話もないまま即連れ出すという、電撃作戦の始まりです(笑)


途中からは、私だけでなく、私のペイバーした吹き矢娘も一緒になって相手を探していましたが(笑)、結局のところは、バカラにいる吹き矢娘の友達が、M氏の及第点に達するレベルだったという事で、無事にペイバー成立(笑)


晴れて3対3のグループカップルができあがり、吹き矢娘の提案で、飲んで、歌って、食べれると称する店に移動したのでありました。


☆四軒目:Penny Black

と、いう事で来たのは、ロウハイドの向かって右側にある連れ込みホテルの2Fにある、カラオケレストラン?です。


なんの事はない、ここと、ロウハイド、ロングガンは全部同じ系列で、スタッフも娘たちの知り合いです。


いかにも場末感ただよう安っぽい店で、食事のメニューも、カラオケもタイ語オンリー。


我々にはちんぷんかんぷんの世界です(-.-;)


お客も我々だけ、と言うより、我々が来たので、店が始まったという感じです(結局、店を出るまで、他の客は来ませんでしたし・笑)


娘たちは、店に入るなり、これでもかと言うくらい好き放題にオーダーしています。


出てきた料理は大量で、これまた訳のわからんタイ料理ばかりで、勧められても食指が動きません(笑)


何故か料理は、スタッフの兄ちゃんの分まで頼んでるし(汗;)、スタッフの兄ちゃんはお礼がてらの乾杯に来たと思ったら、一緒になって食ってるし、娘たちは音だけでかくて音響の悪いカラオケでタイソングを延々歌っているし・・・(-.-;)


なんだか完全なるタイワールドの空間に、親父三人だけが浮いている、という光景です(苦笑)


まあ料金は、いくらだったかは忘れましたが、あまり高くはなかったと思いましたし、ある意味貴重な異次元体験ができたという事だけは、言えたのですけどね(笑)


そしてホテルへ


タイ娘たちとの宴会を終えて、午前1時くらいホテルに帰還。


約束通り、吹き矢娘と一緒に入浴、そしていよいよお待ちかねの


“恋人タイムの始まりです(笑)”


あんな芸当をこなす吹き矢娘です。


あそこはどうなってるのかな?と、まじまじチェックもしましたが(笑)、いたって普通でキレイなホイ(女性のあそこの事)でした(笑)


凸凹の方も、そんなに開発されている訳でもなく、いたってノーマルだったし、どこをどうとっても普通の女の子って感じでした。


逆に、ならば、いったいどこで、誰に教えられて、そしてどんな訓練で、あんな秘技を身につけたのかの方が不思議でなりませんでしたが、残念ながら語学力の無さでそれを解明する事はできませんでした(笑)


そして“G7”の力を借りた凸凹のあとは、心地好い疲労に襲われ、吹き矢娘をハグしたまま就寝。


訪タイ三日目の夜は、幕を閉じたのでありました。



☆吹き矢娘のミニスカとパンティ・なかなか私好みです(笑)
↓↓↓↓
1262220004-Image007.jpg


☆吹き矢娘・秘技持ちとは思えません(笑)
↓↓↓↓1262220002-Image006.jpg


★注:回想記に登場する店、在籍娘、および、その他すべての情報は、あくまでもその当時のもので、現在の情報ではありません。



☆フィリピンパブネタなど満載の(domestic ver.)はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓
☆P.P.Pのロクなもんじゃねえ(domestic ver.)☆


☆いろんな情報はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓

キングオブタイナイト







タイ夜遊び

Thai Site Ranking

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ








スポンサーサイト
  1. 2009/12/31(木) 09:40:05|
  2. タイネタ
  3. | コメント:0

☆タイ行脚回想記・7月編~3日目・その4☆




・・・続きです m(__)m


ロングガンに入った私とT氏は、ウェイトレスによって、向かって左側の一番奥の席に案内されました。


ご存知の方も多いと思いますが、この店は奥の方が娘たちの着替え、および待機するスペースになってる訳ですが、私はそこで一人たたずむ小柄で少女っぽい娘を見つけました。


『おっ、かわいい!(ハート)』
(※あくまで私基準です・汗;)


私のセンサー(股間ではありません・笑)は瞬時に反応し、それに気付いた彼女も笑顔を返してしたものですから、私は席に着くか着かないかのうちに、彼女の手を引いていました(笑)


“衝撃・その1”


とっ、ところが彼女・・・


“よく見ると、服を着ていないのです”(;゚Д゚)


そう、彼女は生まれたままの姿、すなわち“すっぽんぽん”で立っていたのです。


そんな一糸まとわぬ姿の彼女をはべらせ、目のやり場に困りながらも、コーラで乾杯。


彼女も、すっぽんぽんのまま、うれしそうに私に寄り添います。


結構甘えてくるし、話してても素直だし、いい娘だなあ~


と、彼女は期待通りの娘で、私もご満悦です。


すると、ほどなくして彼女が言いました。


娘『私、今からショーの出番だからちょっと待っててね。終わったらすぐに戻ってくるから』


やっと事情が飲み込めました。


どうやら彼女はステージの出待ちのため、すっぽんぽんで待機していたところを私に指名されたみたいなのです。


私『OK!わかった!がんばってね』


私が快く送り出すと、やがて場内の音楽と照明が変わり、彼女の出番がやってきました。


彼女は、すっぽんぽんのまま舞台に立ち、ショーは始まりました。


“衝撃・その2”


ところが、ショーが始まって、びっくり(@_@;)


彼女の行うショーとは、彼女の大事なアソコを使っての、いわゆる花電車系の芸だったのです。((((;゚Д゚))))


☆秘技その1:アソコで笛を吹く。


☆秘技その2:アソコでタバコを吸う。


☆秘技その3:アソコでロウソクを消す。


☆秘技その4:アソコで吹き矢を飛ばして風船を割る。


と、まさに驚愕のオンパレードです!!!


私はまさか自分の選んだ娘が、そのような芸当をするとは、夢にも思いませんでしたので、正真正銘ブッ飛びました。


いやあ、エライ娘を選んでしまったなあ(汗;)


正直そうも思いましたが、ショーを終え、簡単な衣装を見につけてきた彼女はやっぱりかわいくてタイプです。
(※しつこいですが、あくまでも私基準です・笑)


彼女は相変わらず甘えてくるし、途中から彼女の友達もT氏の横につき、いつしか我々は盛り上がっておりました(笑)


娘『ねえ、今夜はあなたと帰りたい(ハート)』


さあ、いよいよ娘から、甘いお誘いです(笑)


私『い、いいけど・・・あ、あなた(すごく若く見えるけど)IDは持ってるの?(汗;)』


(※グランドビジネスインはIDがないと、泊める事ができないのです)


娘『もちろん!大丈夫だよ』


意外や意外、彼女は20歳でした。


しかし、彼女はタイプとしては申し分ないのですが、衝撃的なショーを見てしまった後だった事、まだソイカに来て、三軒目である事、私がここでペイバーを決めたら、初めてソイカに来た残りの二人はどうなってしまうのか?


等々と、いろいろな事が頭を過ぎっていたため、簡単に決定するわけにも行かず、いささか困惑しておりました。


ところが、次の一言で迷いが決意へと変わってきてしまったのです(笑)。


私『一緒に泊まるなら、お風呂に入るのも一緒だよ』


私は今回も当然、“泡風呂の素”を持ってきてましたので、それは譲れないところです(笑)。


娘『大丈夫だよ。一緒に入る♪』


ペイバーモード確定です(笑)


完全にモード移行してしまった私は、とりあえずT氏に、その旨を伝えました。


私『私、彼女の事、すごくタイプなんで、ペイバーしたいと思うのですが・・・?』


T『あっ、そうですか。それなら私はこの娘を持ち帰ります』


あっさり話がまとまってしまいました(笑)


と、いう事で、私とT氏は着替えを終えた二人の娘とともに、店を出て、ラブホから帰るるM氏を待ちました。


しばらくして、事を終えたM氏が意気揚々と帰ってきました。


ところが帰ってきたらビックリ、私とT氏が、ロングでペイバーを決めてしまっているではありませんか(笑)


つまり、Tilac娘を帰した時点から、今度はM氏だけが、一人になってしまう事になるわけです。


娘を帰した後で、焦るM氏(笑)


そしてこの後、焦った彼の下した決断とは・・・?


三日目の夜は、まだまだ続きます
m(__)m


☆私の身体の半分くらいしかないロングガン娘(すみません、アレンジしすぎましたね。次回はもう少しわかりやすいやつを載せます)
↓↓↓↓
1261955589-Image005.jpg



★注:回想記に登場する店、在籍娘、および、その他すべての情報は、あくまでもその当時のもので、現在の情報ではありません。



☆フィリピンパブネタなど満載の(domestic ver.)はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓
☆P.P.Pのロクなもんじゃねえ(domestic ver.)☆


☆いろんな情報はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓

キングオブタイナイト







タイ夜遊び

Thai Site Ranking

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ








  1. 2009/12/28(月) 08:13:10|
  2. タイネタ
  3. | コメント:0

☆タイ行脚回想記・7月編~3日目・その3☆



何も考えなくても、書いていけるdomestic ver.と、違って、こちらはいろいろなデータを調べながら書かないといけないので、ついつい更新が後手後手になってしまって、すみません(汗;)


行った時点では、まさかこんなブログを始めるなんて、夢にも思ってませんでしたので(大汗;;)


と、言い訳はこのくらいにして、お待たせしました、いよいよ3日目の夜の行脚レポです。


20時半に常宿である“グランドビジネスイン”を出た我々は、スクンビットの屋台群を冷やかしながら、ソイカへと向かいました。


何を隠そう(隠しちゃいませんが・笑)、私はタイの夜遊びの中で、ソイカが一番好きなのです


欲を言えば、全店すべてを時間をかけて、まったりと回りたいくらいです(笑)


もちろん現実的には、なかなか、そんな訳にもいかないのですが、何はともあれ、三日目にして初のソイカです。


お二人のエスコートという役割も、もちろんありますが、この夜は私自身がワクワクしておりました(笑)


と、いう事で、ここからは、この日の夜の


ソイカ行脚レポ


をお送りいたします。


例によって、チラ見程度で済ませた店は省略していますので、そこんとこはよろしくです(笑)


☆一軒目:ロウハイド


ご存知、田舎娘の宝庫店です(笑)


まだ都会の色に染まってない純朴な娘たちを見つけ出す事ができますが、レインボー系の娘がタイプの方には、対極に位置する娘が多い店だと思いますので、あまりオススメはできないかも(笑)


しかし、私的には、ここと系列店のロングガンは、タイプの娘が多い事もさる事ながら、一つのショーパブ的な感覚としても楽しめる店なので、ソイカの中でも特に時間をかけて、ゆっくり見たい店でもあるのです。


うるさいペイバーの誘いや、売り込みもなく、ほっといてくれるところも、実に居心地がよろしいですし(笑)


しかし、お二方(特にM氏・笑)の反応は、やはり今イチです(汗;)


ノーマルな感覚のお二方を、ノッケから、マニアック(?笑)な店に連れてきたのは、ちょいとまずかったみたいです(笑)


と、いう事で、あまり長く付き合わせてるのも、なんなので、そこそこのところで店を出ました。


☆二軒目:Tilac

1261866722-newuraita-63-13638-9a8b5366ddl.jpg

ロウハイドが今イチそうなお二人を、ならばとばかりに連れていったのが、ご存知ソイカの2トップのうちの一つ(もう一つは、もちろんバカラ)Tilacです。


さすがに、こちらはロウハイドに比べたら、全然洗練された娘ばかりだし、店の雰囲気もはるかに明るく華やかです。


お二方とも満足そうにダンサーに見入っています(笑)


すると、ほどなくして、M氏がタイプ娘を見つけました。


“さすがM氏の審美眼”


スリムでスタイルもよく、笑顔のかわいい、とてもすてきな娘です。


ご満悦そうなM氏(笑)


日本語ワカラナイvsタイ語ワカラナイの対決でしたが、あっというまにペイバー決定です(笑)


娘はショート専門で、ソイカ内でのラブホでの一戦を希望しておりましたので、それなら迷子になる心配もないので、M氏としても、待っている我々としても逆に安心です。


一戦後、携帯で連絡を取り合うという決めをして、M氏は娘と手を取り合って、ロウハイド隣のラブホへと消えていきました(笑)


☆三軒目:ロングガン

1261866723-newuraita-63-13636-480daab4e7l.jpg

M氏がペイバー娘とラブホに行ってる間、Tilacで待ってても芸がありません。


私は、ならばとばかり、比較的長い時間まったりと時間をつぶすには最適な、ロングガンを選択、T氏を連れて入店しました。


入店すると我々は、店の左奥のつきあたりの席に案内されました。


そして、ここで私は、入るやいなや、


“衝撃の娘”との出会いをしたのでありました(@_@;)


果してその“衝撃”とは・・・?


詳しくは次回にて・・・



★注:回想記に登場する店、在籍娘、および、その他すべての情報は、あくまでもその当時のもので、現在の情報ではありません。



☆フィリピンパブネタなど満載の(domestic ver.)はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓
☆P.P.Pのロクなもんじゃねえ(domestic ver.)☆


☆いろんな情報はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓

キングオブタイナイト







タイ夜遊び

Thai Site Ranking

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ








  1. 2009/12/27(日) 07:32:04|
  2. その他
  3. | コメント:0

☆タイ行脚回想記・7月編~3日目・その2☆



と、言うことでこの日は、ワンボックスカーをチャーターしての一日貸し切りガイドツアーです。


乗客9人の定員に対し、おっさん三人だけという、寂しさです(笑)


全員が娘を同行すれば、MAX6人でも全然余裕という事での設定だったのですが、


見事に目論見は外されました(笑)


でも、私的には、娘がいないならいないで、足を投げ出して、ふんぞり返って行けるし、ゆったりと寝て、前夜の睡眠不足も解消されるので、それはそれで、全然構わないんですけどね(笑)


お値段の方も、時間は無制限で、日本語ガイドとガソリン代も込みで、一日5000バーツという格安料金ですし(遠方は5500バーツ)、私的にはこのパターンはかなり気に入っているのです。


それでは、ここからは、早く夜の部を書くためにも(笑)、この日回ったコースを画像も交えて、ダイジェストでお送りいたします(笑)


メークロン鉄道市場

1261612329-newuraita-63-13649-101be5bd15l.jpg


↑↑↑↑こんな感じで、市場の中に線路があり(本当はは逆ですが・笑)、そこを実際の鉄道が走るという、日本の安全基準ではありえない市場です。


鮮魚から生肉まで、タイの庶民の台所風景が味わえますし、ここは是非行ってみられる事をオススメします。


日程に余裕があれば、バンコクから電車で行くのも一考です。


水上マーケット

1261612328-newuraita-63-13727-697dfba9bel.jpg


今さら説明は不要ですよね(笑)


エレファントビレッジ


私は何度か来ているため、乗りませんでしたが、M氏とT氏、おっさん二人で、象乗り初体験(笑)


ろう人形館


人間そっくりのリアリティー(驚)


木彫りの民芸屋


バンコク近郊にある、めちゃめちゃうまいピザ屋


おいしくて有名な店らしいです。


店員の娘も、めちゃめちゃかわいかったです(笑)


ワットアルン


ご存知暁寺院。


ワットポー


これまた、皆様ご存知涅槃仏。


古式マッサージ


この日の晩飯は、チョンノンシーにある、ソンブーン。


しかしまだ晩飯までは時間があったので、ソンブーンの近くにあるガイド推奨の店として、行きましたが、値段も若干高めで、どおってことない普通の店でした(-.-;)。


カラオケ涼


マッサージの後、夜の遊びの参考までにと、ガイドが奨めるので、マッサージ店の近くにあるカラオケ店を、とりあえずミルミルだけしてみました。


しかし、数こそ、そこそこはいましたが、いかにも大ベテランといった感じの、厚化粧のおばさんばかりだったため、丁重にお断りしました(笑)


ソンブーン

1261612330-newuraita-63-13698-6d6bbe06cdl.jpg


名物カニカレーはやはり絶品ですね。


・・・と、これだけ回って、ホテルに帰ったのは、夜8時。


ちょうど、スタートから12時間でした。


ホテルに着いたら、とりあえずおのおのシャワーと着替えをすませ、再びロビーには8時半に集合。


タイに来ての三夜目、ナナ→タニヤと来てたので、この日はいよいよ私の好きなソイカへと向かったのでありました。


・・・続く



★注:回想記に登場する店、在籍娘、および、その他すべての情報は、あくまでもその当時のもので、現在の情報ではありません。



☆フィリピンパブネタなど満載の(domestic ver.)はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓
☆P.P.Pのロクなもんじゃねえ(domestic ver.)☆


☆いろんな情報はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓

キングオブタイナイト







タイ夜遊び

Thai Site Ranking

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ








  1. 2009/12/24(木) 08:52:10|
  2. タイネタ
  3. | コメント:0

☆タイ行脚回想記・7月編~3日目・その1☆




T氏以外、お持ち帰りのない独り寝の夜は明けて、三日目の朝を迎えました。


何度も書いておりますが、今回私とツアーを供にしているM氏とT氏は、“初めての訪タイ”です。


そこで、やはりせっかくタイに来たのだから、


“夜の世界ばかりじゃなく、ちゃんとした昼間の観光ツアーもしなくては”


と、いう事で、この回の訪タイでは、“ツアープロデューサーである私”としましても、いろいろな基本的な昼のツアーも企画しました。


もちろん、お二人にとっては、日本で待つ家族や、同じ職場の仲間、そしてフィリピンパブの各指名娘達(笑)に対し、


“タイに来た事の理由の大義名分を、しらしめるため”


と、いう重大な目的があったという事は、言うまでもありませんが(笑)


と、いう事で、7月のタイツアーでは、基本中の基本の観光コースをいろいろまわったのですが、今日はその第一弾。


『鉄道市場と水上マーケット、そして市内観光』の巻です(笑)


このブログを読んでくださっている皆様方の中には、『今さらタイの観光ツアーのレポなんて』、と、おっしゃられる方も多いとは思いますが、私のブログは『ノンアダルト』、『旅行ブログ』の部門にも属していますので(笑)、なるべく簡潔にはいたしますので、しばしの間、ご理解と、ご辛抱をいただけたらと思います m(__)m


今回も私は懇意にしているツアーガイドに、車のチャーターを依頼しました。


9人乗りのワゴンで、料金は車一台当たりの貸し切り料金なので、9人までなら何人乗っても料金は同じ、ガイド料、ガソリン代込みってやつです(なので、M氏は前夜必死になって、同行してくれる娘を探していた・笑)。


と、まあ、ここまでならよくある話なんですが、私の依頼しているガイドのすごいところは、


時間無制限で、しかも料金が相場の半額なのです。


なので、一度彼のところを使っちゃうと、mixiなんかで、『オススメ』と紹介されているウ○ン○ィーや、P○N○A、H○S、などのいわゆる大手なんぞは、時間制限あり、ちょっと遅くなるとすぐに超過料金あり、そのうえ設定料金も高い、と、いう事で、バカらしくて、とても使えなくなってしまうのです。


混載(乗り合い)ツアーなんぞはもっての他ですし、値段だけで言えば、タクシーをチャーターするのが、一番安い方法ではあるのですが、日本語によるガイドができないし、足を投げ出してふんぞりかえって乗っているなんて事もできませんし、観光という点では、あまり向きではありませんからね。


どこの会社か気になる方は『タイランドハイパーリンクス』の旅行会社をくまなく探せば出てきますので、そちらの方を参考にしてみてください。


と、いう事で前フリが長くなりましたが、朝8時、チャーターしたワゴンが到着し、“今ツアー唯一のおっさんだけによる、昼の観光”が始まりました(笑)


続く・・・


次回はチャーターツアーの模様をダイジェストでお送りいたします。



★注:回想記に登場する店、在籍娘、および、その他すべての情報は、あくまでもその当時のもので、現在の情報ではありません。



☆フィリピンパブネタなど満載の(domestic ver.)はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓
☆P.P.Pのロクなもんじゃねえ(domestic ver.)☆


☆いろんな情報はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓

キングオブタイナイト







タイ夜遊び

Thai Site Ranking

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ








  1. 2009/12/22(火) 17:05:22|
  2. タイネタ
  3. | コメント:0

☆タイ行脚回想記・7月編~2日目・その4☆



プレイガールで、オフをしなかった私とM氏は、T氏がお持ち帰りした娘と二人でタクシーに乗るのを見届け、再びタニヤ徘徊を続けました。


しかし時刻はまもなく午前0時。


タニヤの平均的なお店の閉店時間(午前1時)を考えると、もうむやみなミルミルもできません。


そこで協議の結果、やはりM氏的にずっと気になってて、頭から離れない、一軒目の○○○○にもう一度行ってみて、先ほど“接客中”だったAちゃんがいるかどうかを、再度確認してみる事になりました。


☆四軒目:○○○○(再度;)


と、いう事でこの日二度目の○○○○です。


しかし、あいにく、この日はすでに(お客と?)帰ってしまったとの事でした。


落胆するM氏・・・(-.-;)


Aちゃんに会えなかった事も、もちろんありますが、このままでは


“訪タイ二日目にして早くも独り寝の危機になってしまいます。”


ましてや、翌日は朝から市内観光のスケジュールです。


M『昼間の観光は、絶対に娘を連れていくぞ!』


と、意気込んでたのも台無しになってしまいます・・・


そこで私は、ある提案をしました。


私『ならば、今からソイカに行きましょう。あそこなら少なくとも2時までやってますし、次々に絨毯爆撃ミルミルができますから』


と、言う事で、速攻タニヤからタクシーに乗ってソイカに行きました。


そして時刻は0時半、ソイカに到着です。


☆五軒目(?):ソイカの各店


ソイカでは、ダンスを見るでもなく、店に腰を降ろすでもなく、ただひたすら店を回り娘をチェックするM氏。


私もひたすら付いてまわります(笑)


しかし、急いで探してるという精神的焦りと、時間も時間という事から、


“結局誰も見つからないままタイムアップ”


してしまいましたヽ(;´Д`)ノ


あきらめてホテルに帰る道程で、テーメー周辺をはじめとする、スクンビットのたちんぼをついでにチェックするも、結局、氏のお目がねに適う者はなく、この日は捨てていた私ともども、M氏の


“訪タイ二日目の独り寝は確定してしまった”


ので、ありました(´・ω・`)



☆唐突ですが、T氏提供画像です(笑)
↓↓↓↓1261266721-newuraita-63-13522-059ccaf57fl.jpg


☆同じくその2
↓↓↓↓
1261266722-newuraita-63-13595-a9672f8269l.jpg



★注:回想記に登場する店、在籍娘、および、その他すべての情報は、あくまでもその当時のもので、現在の情報ではありません。



☆フィリピンパブネタなど満載の(domestic ver.)はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓
☆P.P.Pのロクなもんじゃねえ(domestic ver.)☆


☆いろんな情報はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓

キングオブタイナイト







タイ夜遊び

Thai Site Ranking

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ








  1. 2009/12/20(日) 08:52:03|
  2. タイネタ
  3. | コメント:0

☆タイ行脚回想記・7月編~2日目・その3☆



ステーキをたらふく食べて腹一杯の我々は、“次なるごちそう”(笑)を求めて、タニヤへと向かいました。


いつものようにタニヤに着いたら、まずする事は“G7”の購入です(笑)


今回はまとまった量を買ったので、一箱当たり1200バーツ(定価は1600バーツ。最初はたいてい安くして1500バーツと言われます)と、超お値打ち価格です。


心強い味方を身につけいよいよタニヤ行脚のスタートです ( ̄ー ̄)ニヤリ


☆一軒目:○○○○


いきなり伏せ字ですみません(汗;)


実はこの店、このあと何度も登場し、M氏と様々なドラマを繰り広げる事になるAちゃんの在籍する店なので、実名が書けないのです(さらに汗;)


と、いう事で、以後も伏せ字でいきますので、よろしくお願いいたします。


実はこの店には、M氏が日本で情報収集していて、是非とも会いたいと思ってた娘であるAちゃんが在籍しており、その実物を是非会って確かめたいという事で、この日は入店したのです。


しかし結果は『今、お客さんが着いてます』との事で、会えずじまい (-.-;)


出てきた娘たちも、明らかな三軍ばかりだったので、あきらめて次の店へ。


この後我々は呼び込みに連れられるまま、いろいろな店をミルミルしたのですが、ナナプラザの時と同様、審美眼の高いM氏のゴーサインが得られず、様々な店を入っちゃ出るハメに(笑)


もっともM氏ならずとも、『これはちょっと・・・』と、尻込みする店が多かったのは事実なんですが、そんな訳でこちらでもちゃんと入店した店だけに絞ってレポを続けます。


☆二軒目:ハニークラブ


我々三人が今ツアー最初に腰を落ち着けたのが、この店。


お客は我々と、一人の羽振りのいい常連らしき人の二組のみ(汗;)

おねえちゃんも少なく、気に入って選んだというよりも、“とりあえずこの娘でいいや”と言って選んだレベルなので、印象も何もなし。


とりあえず飲んで、歌って、プチセクハラして、終了いたしました(笑)


☆三軒目:プレイガール


ハニークラブの後は、早くも真打ちの登場です。


時間もだんだんと押してきてたので、“そろそろ決めにかかろうかな?”という事で、やっぱりタニヤならここでしょう?と言う事で、この店に、お二人を連れていきました。


もっとも私自身も3月には失礼こいちゃった、“1○○番・T○○○yちゃん”に会いたいってのもあったのですけどね(笑)


あいにくT○○○yちゃんの姿は見つけられませんでしたが、それに匹敵するくらい、ロリロリの娘がいましたので、私はすかさず、その娘を指名しました。


“1○○番・S○○aちゃん”です。


昼間は大学に通う学生さんですが、はっきり言ってHPで見るよりも実物の方がはるかにカワイイです。


この日のコスチュームである、トラ風の衣装も、実によく似合ってます(画像参照)。


接客も甘くていいのですが、この日の彼女には、致命的な欠点があったのです(笑)


すごく眠そうなのです(∪o∪)。。。。


なんでも聞くところによると、彼女は毎日6時に起きるので、結構寝不足の日が続いているみたいなのです。


まあショートしかできないのは選んだ時点でわかってはいましたが(番号札の色でわかる仕組み。赤はショートのみ、紺はロングOK)、眠そうな娘を連れて帰っても楽しめるわけがありません。


あげくの果てに店内で私が、


『早く家に帰って寝たい?』


と聞いたら、正直に


『はい・・・』


という始末です(笑)


まあ、眠いのに『大丈夫、大丈夫』と主張され、連れて帰ってはみたものの、いざって時に


“早く帰りたいオーラ”を出されるよりは、よっぽどありがたい


ですけどね(笑)


ちなみに、T氏はここで、


“初タイ初お持ち帰り”


を決定されました(笑)


そんな訳で、“やさしい私”(笑)と、やはり一軒目の気になるM氏はここではオフはせず、さらに行脚を続けたので、ありました。


・・・続く


☆プレイガール“1○○番・S○○aちゃん”
↓↓↓↓
1261179787-Image003.jpg



★注:回想記に登場する店、在籍娘、および、その他すべての情報は、あくまでもその当時のもので、現在の情報ではありません。



☆フィリピンパブネタなど満載の(domestic ver.)はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓
☆P.P.Pのロクなもんじゃねえ(domestic ver.)☆


☆いろんな情報はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓

キングオブタイナイト







タイ夜遊び

Thai Site Ranking

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ








  1. 2009/12/19(土) 08:43:08|
  2. タイネタ
  3. | コメント:0

☆タイ行脚回想記・7月編~2日目・その2☆



・・・続きです m(__)m


午後4時半、ホテルを出た我々は、“夜の部PART.1”である、マッサージパーラー(以下MP)、“ポセイドン”へと向かいました。


今回のMPツアーは、M氏のたっての希望で実現いたしました。


しかし、実のところ、私はマッサージ・パーラーや、ファッションマッサージ系は今まで未体験であったため、タニヤや、ソイカ、ナナのようなエスコートはできません。


“夜の一発でさえ苦労するのに、その前に抜いちゃうなんて事は、自殺行為にも等しい”


ので、今までは足を踏み入れなかったのです(汗;)。


したがって、私のできる事は、雑誌とネット関係で収集した情報を、提供するのみです。


日本での事前打ち合わせの際に、“ポセイドン”、“アムステルダム”、“ラベル”、“ザ・ロード”などのいわゆる“高級系”か、“ナタリー”、“コージー”などの“大衆系”か、それぞれの特徴、立地などを説明いたしました。


いろいろと迷うところではありましたが、最終的には、M氏の『どうせ行くなら高級店に!』という希望と、立地条件から考えて、ポセイドンに決定したのです(私的には、ナタリーが一番気になってたのですが・笑)。


ホテルから地下鉄スクンビット駅まで歩き、そこから地下鉄に乗ってフアイクワーン駅で下車、下車して徒歩にて10分少々で、“ポセイドン”に到着です。


時間は午後5時。


ひな壇には、20人くらいのお姉様方が並んでおります。


はっきり言って、“小柄”、“ロリ系”、“田舎娘系”好みの私にとってのタイプはおりません。


みんな“長身系”“キレイ系”の娘ばかりです。


お二人はすかさず娘を選ばれましたが、私はタイプがいないのと、夜の行動の事も考えて、一人だけ待機を決めました。


館内にあるレストランで、軽く一杯やりながらの、待機です。


ここはレストラン内にモニターがあり、ひな壇に並ぶ娘たちの模様をカメラがアングルを変えながら、リアルタイムで流していますので、待ってる時間も飽きる事なく楽しめるので、なかなかオススメですよ。


ついでに言うなら、中華風のピリ辛の味付けをした“わかめのツマミ”が絶品で、これだけを食いに、また訪れたい気分にもさせられました(笑)


そして待つこと90分(だと思った)、一戦を終えたお二人が帰還。


満足そうな二人の結果報告を聞きながら、再びフアイクワーン駅へと向かいました(笑)


しかし、私的にはどうしても“ナタリーが気になって仕方なかった”ので、とりあえず冷やかしだけでもという事で、駅を越え“ナタリー”を覗いてから帰る事に。


!!━━━(゚∀゚)━━━!!


すると、どうでしょう。


中には総勢7~80人くらいでしょうか、かわいくてロリ系の、モロ私好みの娘たちが、ところせましと、うじゃうじゃいるではありませんか。


まるで、


“新春アイドル全員大集合”


みたいな光景です (゚∀゚)


まさに“選ぶのが困難なくらい”と言った感じです!!


覗いてよかった(笑)


“今度は迷わずここに来よう”


我々はそう心に誓い、地下鉄に乗りスクンビットに戻りました。


そして時間は午後7時半。


晩飯は私の希望で、アソーク交差点から北に行ったところにある“チョークチャイ・ステーキハウス”に行きました。


ここの売りはなんと言っても、アメリカで食うような、ドでかいステーキが食える事です。


もちろん一番でかいステーキ(何とかシニアという名前)を食い、このあとは再び地下鉄に乗って、“夜の部PART.2”のタニヤに向かったので、ありました。


☆チョークチャイステーキハウスのステーキ。絶品です!
↓↓↓↓↓
1261041435-newuraita-62-13820-4b603c3fc7l.jpg



★注:回想記に登場する店、在籍娘、および、その他すべての情報は、あくまでもその当時のもので、現在の情報ではありません。



☆フィリピンパブネタなど満載の(domestic ver.)はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓
☆P.P.Pのロクなもんじゃねえ(domestic ver.)☆


☆いろんな情報はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓

キングオブタイナイト







タイ夜遊び

Thai Site Ranking

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ








  1. 2009/12/17(木) 18:26:13|
  2. タイネタ
  3. | コメント:0

☆タイ行脚回想記・7月編~2日目・その1☆



二日目は午前11時にロビーに集合。


M氏と、T氏は、昨日お持ち帰りしたスパンキーズ娘をそれぞれ連れて、総勢5人で“デートの定番・MBK”へと向かいました。


『またかよ』と思われそうですが、お二方は初めてですし、なんと言っても娘を連れていく場所としては、一番手堅いですからね(笑)


それに私自身“MBKは何度行っても飽きません”から(笑)


MBKに着いて、我々が真っ先に向かったのは、4Fの携帯電話売場です。


それぞれのおねえちゃんを連れ出して、バラける事の多い


“男同士のタイ旅行では、携帯電話は必須アイテム”


ですからね(笑)


それと、もしも日本に何らかの用事で電話したい時でも、向こう(タイ)で携帯を買って、かけた方が断然安くすみますから。


と、言うか、日本の携帯電話の国際通話料が、バカみたいにぼったくりすぎなんですけどね。


と、いう事で、携帯を買い揃えた後は、五人でぞろぞろとMBKを見てまわる我々でしたが、ここでのM氏は、すっかり“足長おじさん”と化してました(笑)


『何か欲しいものがあれば、プレゼントしてあげるよ』と、娘に奨めるのですが、娘は遠慮してしてなかなか決まりません(笑)


彼女に限らず、こういうところがタイ娘のよいところでもありますね。


あくまで、私が今まで会ってきた娘に限っての印象ではありますが、決しておねだりやたかりをしないのです。


結局のところは、あちこち回った末、服とサンダルを買ったのですが、たとえ気に入った物があっても、値段を見て高いと止めて、少しでも安い物にしようとする、彼女の姿勢には、とても好感が持てました。


買い物のあとは、疲れた身体を癒しに、マクドナルドに入ったのですが、そこでのM氏と娘の絡みも、また絶品でした。


公然わいせつかと思うくらいの店内でのアマアマ攻撃・・・(@_@;)


完全にお殿様状態のM氏(笑)


いやはや、さすがの審美眼。


M氏は本当いい娘を見つけたものだと、感心する事しきり、まさにうらやましい限りでした。


と、いう事で、


昼間はM氏の一人勝ちでした!!(笑)


さて、そうこうしてる間に、時間の方はまもなく午後3時。


娘たちはアパートに戻って、“夜の仕事の準備”をしないといけない時間です。


一方、我々も“夜の遊びの準備”をしないといけない時間です(笑)


と、言う事で、集団デートはこれにて終了。


いったんホテルに戻った我々は、そそくさとシャワーをすませ、本日の夜の部、PART.1の舞台である、有名MP(マッサージパーラー)“ポセイドン”へと向かったのでありました。


続く・・・


☆いやはや、何ともセクシーなM氏の彼女(T氏撮影画像)
↓↓↓↓
1260911222-newuraita-63-13675-1cba69bf5dl.jpg


☆靴を試着中のM氏の彼女(同上)
↓↓↓↓
1260911223-newuraita-63-13693-bfd03b6479l.jpg



★注:回想記に登場する店、在籍娘、および、その他すべての情報は、あくまでもその当時のもので、現在の情報ではありません。



☆フィリピンパブネタなど満載の(domestic ver.)はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓
☆P.P.Pのロクなもんじゃねえ(domestic ver.)☆


☆いろんな情報はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓

キングオブタイナイト







タイ夜遊び

Thai Site Ranking

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ








  1. 2009/12/16(水) 06:07:04|
  2. タイネタ
  3. | コメント:0

☆タイ行脚回想記・7月編~初日・その4☆



エロチカでの“三者揃い踏み、同時ホームラン”を放ったあとの私は、一気にしおれて、この日の持ち玉は終了(;´Д`)


後はまったりとゴーゴー巡りを楽しみ、ホテルに帰る途中のどこかでマッサージでも受けて、一人で寝るだけ・・・


そんな筋書きにシフトしていたのですが、絶倫のお二人は違いました(笑)


お二人にとって、エロチカでのホームランは


“あくまでも通過点かつ、つなぎ”


にしか過ぎず、そこからが、いよいよ本題である、


“夜の添い寝相手探し”


のスタートとなるわけです(汗;)


特にM氏は、非常にシビアな審美眼を持っておりますので、またまたナナプラザ内の各店を、


入店→ステージ脇をぐるり一周→退店


という、恐怖のループがまた始まってしまいました(苦笑)


そんな中、またまた私の希望で次の店だけは、ちょいと時間をいただきました。


と、いう事で、やっと・・・


☆三軒目:マンダリン・1


3月編でも行きましたが、ここは“私のお気に入りベスト3”のうちの、ひとつの店(あとは、エロチカとマーキュリークラブ)になっております。


ちなみに私の好きなのは、ここの二階で(パッツン&トップレス組)一階および、マンダリン・2は、さほど眼中にはありません。


しかし、今回はナナプラザ行脚のスタートが遅く、時間も限られていましたので、軽く飲んだだけで、早めのチェックピンをしてしましたが、本来ならまったりしたい店の一つではあります。


☆四軒目:スパンキーズ


正確には、四軒目としてではなく、この日すでにこの店はチラ見で覗いてはいたのですが、ナナプラザ自体の閉店が近いという事と、チラ見の時の印象がよかったという事で、最後の望みを持って入店しました。


私的な印象としてはレインボー・4よりよほど、こちらのがいいって感じです。


まあ、これはあくまでも好みの問題なので、人それぞれなんですが、私は日本のキャバ嬢みたいなタイプはあまり好きではないので、それ風の多いレインボーグループよりも、純粋っぽい娘が多い、こちらの店の方が好印象だったのです。


そして、ここでは最初に目星を着けていたという事もありますが、お二方とも、めでたく添い寝のお相手をゲットされました(笑)


特にM氏のお相手は、この後の回想記でも、たびたび出てくるものと思われますので、それらを読んでいっていただければわかるとは思うのですが、“かなりの大当り”ではなかったのではないかと思います。


もちろん、T氏の娘がハズレだという意味ではありませんよ(笑)


と、いう事で、時間はもう午前2時をまわり、ナナプラザもどんどん店が終わってます。


明かりの消えたナナプラザを後にした我々5人は、そのあとホテルの1Fにてしばしの食事会。


その後、お二人は連れ立って、私は一人寂しく、部屋に戻り、初日は幕を閉じたのでありました。


☆そのあと、ホテルの部屋ではこんな展開だったみたいです(画像提供・T氏)
↓↓↓↓
1260748022-newuraita-63-13661-589979eec8l.jpg




★注:回想記に登場する店、および在籍娘の情報は、あくまでもその当時のもので、現在の情報ではありません。



☆フィリピンパブネタなど満載の(domestic ver.)はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓
☆P.P.Pのロクなもんじゃねえ(domestic ver.)☆


☆いろんな情報はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓

キングオブタイナイト







タイ夜遊び

Thai Site Ranking

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ








  1. 2009/12/14(月) 08:47:02|
  2. タイネタ
  3. | コメント:0

☆タイ行脚回想記・7月編~初日・その3☆



と、いう事で、次に落ち着いたのはエロチカです。


ここは、ナナプラザの中でも毎回楽しみにしている店なので、あっさりスルーされる訳にはいきません。


前回も書きましたが、エスコート役の特権として、『ここは時間をかけて、落ち着いて見ますよ!!』と、念押ししての入店です。


例によってここは、レインボー・4で踊っている娘とはまるで違います(笑)


はっきり言って、田舎から出てきたイモねーちゃんみたいなのが多く、年齢層も友人のC氏の言葉を借りるなら、ヤバくて書けない感じです(汗;)。


入口もわかりずらいところにあるし、まさに文字通りの穴場ではないかと思います。


私はまずは、前回お世話になった、界隈本命娘似の娘を探しました。


しかし、いません (´・ω・`)


名前も番号も失念してますので、在籍の確認もできません。


仕方ないので、次の候補を探そうとまったり飲みながら、ステージ上を眺めていました。


すると、二列に並んで踊る後方から、ピカピカ光る笑顔で私にアイコンタクトをしてくる娘がいるではありませんか。


ついその笑顔に釣られて、彼女をよく見ると


かっ、カワイイ (☆_☆)


キレイと言うには、あまりにもほど遠いその娘ですが、私の感性にはピッタリです(笑)


私はしばし、彼女のダンスに見とれていました。


そして娘は、ダンスの後のウェイティングからも、私に微笑み光線を投げかけてきます。


や、やっぱり、カワイイ (☆_☆)


これはもう応えないわけにはいきません(笑)


私は思わず、娘を席に呼びました。


彼女の名前はNちゃん、歳は確か20歳(自称・笑)くらいだったと思います。


しかし、タニヤと違ってナナやソイカは日本語が話せる娘は少なく、それが出てきたばかりみたいな田舎娘ならなおさらです(笑)


案の定、私と彼女の間には会話は成立しません(汗;)


彼女の笑顔と、『ナーラック、ナーラック(かわいい、かわいい)』とオウムのように囁く私の言葉が、唯一のコミュニケーションです(笑)


しかしセクハラまがいの、甘い甘い、ボディーランゲージで気持ちも最高潮に(笑)


そして、


!!!━━━(゚∀゚)━━━!!!


思わず、今ツアー初のペイバーを決めてしまいました。


すると、私に釣られるかのように、他の二人も横に付けた娘に、ペイバーの合図をするではありませんか・・・(@_@;)


別に合わせなくても、よいのですが・・・(汗;)


しかし、ここの店は、私の知る限りでは、ペイバーと言っても、上の階にあるホテルを使ってのショートが専門です(理由は、お察しください・笑)

我々は、終わった順に店に戻って待機という決めをして、それぞれのペイバー娘の手を取り、3Fにあるラブホに向かいました。


上階には、こんな感じで昇ります(撮影byT氏・笑)
↓↓↓↓
1260660425-newuraita-63-13521-4cfbef6525l.jpg



もちろん私はペイバーを決めた後、慌ててG7(前回の残り)を服用した事は言うまでもありません(笑)


なお、“事”が終わって、戻った順は、私(汗;)、しばらくしてM氏、そこからかなりしてT氏(激汗;)でした。


なんでもT氏は、2打席連続ホームランをかっとばしてきたから遅くなったのだという事(さらに激汗;)


さすがは“絶倫アナコンダ”、最初から飛ばしてます(笑)


思わぬ予定外のところで抜いてしまって、腑抜けになった私は、もう本日分の持ち玉は終了です(汗;)


後はまったりとゴーゴー巡りを楽しめればいいという感じです。


もちろん夜も一人寝で構いませんし(笑)


しかしお二人は違いました(笑)


今のエロチカが、つなぎの一発とするならば、次はいよいよ本番の一発、そう、夜の添い寝の相手探しをするというミッションを敢行せねばなりません(笑)


そんなわけで、初日のナナプラザ行脚、まだまだ続きます m(__)m


☆初日のお相手Nちゃん
↓↓↓↓
1260660426-Image001.jpg




★注:回想記に登場する店、および在籍娘の情報は、あくまでもその当時のもので、現在の情報ではありません。



☆フィリピンパブネタなど満載の(domestic ver.)はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓
☆P.P.Pのロクなもんじゃねえ(domestic ver.)☆


☆いろんな情報はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓

キングオブタイナイト







タイ夜遊び

Thai Site Ranking

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ








  1. 2009/12/13(日) 08:27:07|
  2. タイネタ
  3. | コメント:0

☆タイ行脚回想記・7月編~初日・その2☆



何かと忙しくて、なかなか書けずにすいません。


間が空いてしまいましたが、前回からの続きです m(__)m


スワンナプームから、AKGの車に揺られる事約30分、我々はいつもの私の定宿である“グランドビジネスイン”にチェックインをいたしました。


その後、荷物を部屋に置き、シャワーもそこそこにロビーに集合。


時間はすでに午後8時です。


ゆっくりはできませんが、それでもまずは、今ツアーの成功を祈っての団結式をしないわけにはいきません(笑)


と、いう事で、せっかくタイに来たのだから、まずは“タイらしいところで食事を”、という事で、soi7にあるフードコートに行きました。


カオパット、春巻き、唐揚げ、エビのグリルなど、どこがタイらしいんだ?というツッコミの入りそうなものばかりと(笑)ビアシンで、今回のツアーの成功を祈り乾杯!!
( ^^)Y☆Y(^^ )


夢と希望と妄想で、胸と股間を膨らませました(私は胸だけでしたが・笑)


食事のあとは、お待ちかね、いよいよ夜の行脚です。


時間はすでに21時半をまわっています。


今回は、私がプロデュースするツアーであるという事から、まずは次のように考えました。


☆二人の友人は、タイが初めてという事

☆タニヤが最初だと、タイ情緒には、やや欠けるという事

☆ソイカが最初だと、どうしても後のインパクトが薄れてしまうという事

☆タニヤ、ソイカで遊ぶなら早い時間からスタートして、ゆっくりたっぷり満喫したいという事

☆入門編にはぴったりという事。

☆フードコートから近いという事(笑)


以上の観点から、やはり最初はナナプラザからスタートするのが最適かなと考え、二人を連れて、さっそく向かいました。


と、いう事で、ここからは、


ナナプラザ行脚レポ


として、お送りいたします( ̄ー ̄)ニヤリ


☆一軒目:レインボー4


やはり最初はこの店でしょう(笑)

個人的には好きな店ではありませんが、ゴーゴーバー初体験の二人に『これがゴーゴーバーですよ』と、伝えるには、やはり最適ではないかと思われます。


たくさんの娘たちを見ながら、食後の休憩をするにもぴったりの店ですしね(笑)


しかしこのお二人、私がちゃんとレクチャーしてなかったのが一番いけなかった事ですし、初めてのタイで、しかも意気揚々であるため、無理もないのですが、

ダンスを楽しみながらまったり過ごす

気に入った子がいたら席に呼ぶ

後は自然の流れで・・・



と、いう、ゴーゴーバー特有の流れというものが、まるでない(;´Д`)


置屋に来て、今宵の相手を選ぶが如く、入るやいなや、ステージ脇をぐるぐるまわりながら、娘たちを値踏みしています。


とりあえずレインボー・4は、娘が多いので、まずは着席を促し、何とか落ち着きましたが、これは後で違う店に入っても同じで、


カーテンをくぐると、エスコート係の声かけも無視して、ステージ脇へまっしぐら

その後ステージ周りをぐるりとまわってペイバー候補を値踏みする

相手候補がいなければ一周回って即退店!!



なんてパターンを繰り返したため、軒数だけはこなしましたが(下手したLB店を除いてらナナプラザのほとんど全部?・苦笑)、まるで印象はありません(汗;)


そこで前回同様、二軒目以降はちゃんと着席して、そこ滞在した店だけに絞ってレポさせていただきます。


☆二軒目:エロチカ


と、いう事で、


『ここは時間をかけて、落ち着いて見ますよ!!』


と、二人に念押しして入ったのは、ナナプラザにおける私のお気に入り店ベスト3のうちのひとつ“エロチカ”です。


前回の相手がいたなら、それもよし、いなくて違う相手になったのなら、それもまたよし、誰もいなくて終わったとしたなら、それもまたまたよし、という事で、この店に関しては、どう転んでも構いません(笑)


と、いう事で、今回もあふれる期待を胸に店内に入ったのでありました。


果して今回のエロチカは・・・?


続く・・・



★注:回想記に登場する店、および在籍娘の情報は、あくまでもその当時のもので、現在の情報ではありません。



☆フィリピンパブネタなど満載の(domestic ver.)はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓
☆P.P.Pのロクなもんじゃねえ(domestic ver.)☆


☆いろんな情報はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓

キングオブタイナイト







タイ夜遊び

Thai Site Ranking

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ








  1. 2009/12/12(土) 06:52:43|
  2. タイネタ
  3. | コメント:0

☆タイ行脚回想記・7月編~初日・その1☆



さて、私とM氏を乗せた飛行機は、途中多少の揺れには遭遇したものの、予定より30分早い、現地時間の午後6時、スワンナプーム空港に到着。


荷物もスムースに受け取り、いざ、税関を抜けようとした、その瞬間に、ちょっとしたハプニングが起きました。


職員の目の前を通過したM氏が、荷物の抜き打ち検査にあったのです(@_@;)


ちなみに私は、他の旅行者に紛れるように、職員から遠いところを通っていたので、何もありません。


あえて、そうしたというよりも、無意識のうちに、そういう習慣が身についているみたいです(笑)


で、職員の抜き打ち検査にかかったM氏ですが、大半の人はX線を通すだけで終わっているのに、X線を通した後、スーツケースを開けろと言われます。


もちろん、ヤバイ物を持ち込んでいるわけではありません。


普通の対応でスーツケースを開けるM氏。


すると職員が、M氏のスーツケースの中の物を指指し、何か言ってます。


要約すると、M氏はデジカメにつなぐと、その場でプリントアウトできる“娘殺しの武器”を持ってきてたのですが、そのプリント用紙のカートリッジが、あまりに大量であったため、商売目的ではないかと、疑いをかけられたみたいなのです(-.-;)


もちろん違うので、説明をしたのですが、聞き入れてもらえませんヽ(#゚Д゚)ノ。


結局“日本円で一万円の追徴課税”をその場で払う事で免罪となったのですが、職員いわく、『本当はもっとかかるところをディスカウントしたんだ』という事でしたが、その金額が、職員の懐に入っていったのは、想像に難くありませんでした(笑)


何はともあれやっとの思いで、税関を切り抜けた我々ですが、次は、最初のミッションである、先乗りしているT氏との待ち合わせが待ってます。


待ち合わせ場所は税関を抜けた先の6番扉。


今回も迎え&ホテル手配を頼んだ“AKG”のドライバーも同じ場所での待ち合わせです。


まずは、赤いポロシャツを着た、AKGのドライバーがすぐに見つかりました。


ところが・・・いるはずのT氏がいない・・・(゚Д゚;)


『国際携帯だから大丈夫』と、言っていたのに電話も繋がらない。


ドライバーにエクスキューズし、しばしT氏を探す我々(汗;)


何気に遠くを見やると、何やらオーバーアクションで手を振る人影が・・・


T氏です (゚∀゚)


何でも先に着いたT氏、空港内を一人散策していたらしいのですが、到着フロアーからいったん外に出ると、内側には戻ってこれなかったとの事だったのです。


つまり、これは完全に私の指示ミス(汗;)


そこまで気付きませんでした(;´Д`)


結局ドライバーの指示により1階に降りたところで無事合流。


30分早く着いた分をあっさり楽々消費してしまったものの、当初の読み通り、午後8時、今回もお世話になる、“グランドビジネスイン”にチェックインしたのでありました。


しかし、バンコク到着早々から、このハプニング続き・・・


いやがおうにも、この先の嵐の予感を感じさせざるを得ませんでした・・・(汗;)



★注:回想記に登場する店、在籍娘、その他のあらゆる情報は、あくまでもその当時のもので、現在の情報ではありません。



☆フィリピンパブネタなど満載の(domestic ver.)はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓
☆P.P.Pのロクなもんじゃねえ(domestic ver.)☆


☆いろんな情報はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓

キングオブタイナイト







タイ夜遊び

Thai Site Ranking

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ








  1. 2009/12/10(木) 13:14:16|
  2. タイネタ
  3. | コメント:0

☆タイ行脚回想記・7月編~プロローグ☆



みなさん、お待たせいたしました(笑)


いよいよ本日より、


“タイ行脚回想記・7月編”


の、始まりです。


今回の7月編からは、前回の3月編よりも、よりリアルに細かく、お送りしていきたいと思っておりますので、どうぞご期待ください。


なお、例によって、“関係者バレ”を防ぐため、詳しい日時は省かせていただきます(笑)


今回の回想記の登場人物、すなわち私とツアーと供にするのは、そのプロ並みの腕前から

“撮影武者”と異名をとる、M氏

そして我々よりも短い日程ですが、電撃参戦の決まった

“絶倫アナコンダ”ことT氏

の両名です


ちなみに、今回のツアーメイトであるこのお二人は、共に“初訪タイ”です。


今までみたいな、タイのオーソリティーであるC氏、夜のお供さえいれば、後は何もいらないA氏とは勝手が違います。


夜のエスコートはもちろん、昼間の観光まで、すべて私がナビゲートしなければなりません(汗;)


“初めてのタイ旅行を楽しんでいただき、なおかつタイ中毒に陥れる(笑)”


この二つの命題を達成すべく、スケジュールも練りに練りました。


そして、“私なりには”、かなり完璧なスケジュールが組めたと自負しておりますので、そのあたりはみなさんも、回想記を読みながら、ジャッジしてみてくださいませ(笑)


今回の使用航空会社は、またしてもJALです。


時間的利点から、本当はTGが好きな私ですが、この頃のJALは日に日に価格が下がっていて、旅行会社にも競争させた結果、


¥20300(空港税別)


という驚異の価格まで落とし込むことができたので、迷わず決めてしまったのです
!!(゚∀゚)!!


後から急遽参加を決定したアナコンダT氏は、チケットが取れずTGになり、初めての訪タイからいきなり一人旅となり、スワンナプームでの待ち合わせとなってしまいましたが、何はともああれ、これにて準備万端です。


そして2009年、7月某日、午後14時半、私とM氏を乗せた飛行機は、四時間前に飛び立ち、一足早く現地に着いているT氏の待つ、タイ・スワンナプーム国際空港に向けて、中部国際空港を飛び立ったのでありました。



★注:回想記に登場する店、および在籍娘の情報は、あくまでもその当時のもので、現在の情報ではありません。



☆フィリピンパブネタなど満載の(domestic ver.)はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓
☆P.P.Pのロクなもんじゃねえ(domestic ver.)☆


☆いろんな情報はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓

キングオブタイナイト







タイ夜遊び

Thai Site Ranking

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ








  1. 2009/12/09(水) 06:35:33|
  2. タイネタ
  3. | コメント:0

☆どっちが、お得?☆



“中部国際空港発・JAL直行便で行く・バンコク4日間¥29800”


こんな見出しを見て、心踊らせる方も多いと思うのですが、ではこのツアー本当にお得なのでしょうか?


まず、価格。


¥29800とは言っても、実際はサーチャージが¥6000かかるので、¥35800となります。


それでも、まだ、安い事は安いですね。


ホテルは二人一室。


オフするには不向きですね(汗;)


次は日程。


☆一日目:バンコク着・22:35


ホテルに着いたら、24時近く
(;´Д`)


タニヤには行けません。


ナナ、ソイカも着いたと思ったら、まもなく閉店。


これでは遊べません(-.-;)


☆二日目:終日自由行動


これはよし!!(゚∀゚)!!


☆三日目:出発まで自由行動


夜20時~20時半には、出発となります。


これでは、遊べません(-.-;)


☆四日目:朝帰国。


到着するためだけの一日。


何もありません、何もできません(-.-;)


どうですか、つまり四日間とは言っても、実質丸々遊べるのは一日だけ。


特に夜遊び派の我々から見たら、一泊四日みたいな内容です。


これなら、いくら安くてもメリットはないですよね。


私的には、そんな安いだけでメリットのないツアーに行くくらいなら、キャセイパシフィックの格安航空券をオススメします。


行きは、名古屋を10:00に出て、バンコクに16:10に着き、帰りは11:55にバンコクを出て、21:00には名古屋に着きます。


これなら、同じ四日間の日程で行ったのなら、丸々三夜使えますし、昼間も二日間は終日使えます。


滞在時間も長いし、よほど充実した時間が送れる事は確実です。


JALツアーに参加して、四日目は、そのまま仕事に行こうと思ってた方でも、キャセイなら一日少ない三日間の予定にしたとしても、それでもまだ、四日間より充実した、ナイトライフが送れます。


価格は時期によって違いますが、“バンコク四日間¥29800”で行ける時期なら、¥40000を切るくらいで行けるはずです。


これにホテル代を含めると総額¥50000前後。


実質一泊四日の実金額¥35800の格安ツアーを取るか、しっかり三泊四日の¥50000を取るか


は、それぞれの考え方によるとは思いますが、夜がメインのみなさんなら、答えは明白だと思うのですが、いかがなものでしょう???



※お知らせ


☆タイ行脚回想記・7月編☆


すみません、まもなく始まります(汗;)


☆フィリピンパブネタなど満載の(domestic ver.)はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓
☆P.P.Pのロクなもんじゃねえ(domestic ver.)☆


☆いろんな情報はこちら
(よろしければ、クリックを)
↓↓↓↓↓↓↓↓

キングオブタイナイト







タイ夜遊び

Thai Site Ranking

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ








  1. 2009/12/06(日) 17:59:48|
  2. タイネタ
  3. | コメント:0

☆タイ娘との電話風景☆



昨日はタイ娘とのコンタクトに最適なメディアコールズについて書かせていただきましたが、今日は、その余談として、“タイ娘との電話風景”について書かせていただこうと思います。


私は今、Nという娘と、たまに電話をしています。


回想記の3月編に出てきた“Nちゃん”では、なく“N”です(笑)


紛らわしいので、“N”の事は、“原住民娘”と、表記させていただく事にします。

理由としては、彼女はとてもブサイクで、どこかの島の原住民みたいな顔をしているからです(笑)


なので、死んでも画像は載せられません(激汗;)


私と原住民娘は、7月の訪タイ時に知り合い(詳細は回想記にて・笑)、9月の訪タイでも再会し、今現在、


“擬似恋人ランキング・タイ部門では、No.1”の座をキープしている


のですが(つーか、No.2以下はいるのかよ?というツッコミはご勘弁を・笑)、彼女のエライところは、私がいつ訪タイするかもわからない&当分は無理だと言ってるのに、しょっちゅうメールを送ってくるところです(最初のうちは毎日でした)


単純に私の言ってる意味がわかってなくて、すぐにまた来るものと思っているのかもですが・笑)


で、メールを送ってもらえればシカトする訳にも行かないので、何通かに一度は返信するのですが、今は何のサービスも利用せず、携帯会社の国際SMSでそのまま送るものですから、これがまた短文しか送れないのに(全角で70字)、一通¥100とアホみたいにバカ高い(怒)


ちょいと短いやりとりをするだけで、瞬間で何百円と飛んでいってしまいます。
((((;゚Д゚))))


そこで、それなら電話の方が、って事で、ちょいちょい電話をするようになったのです。


しかし、当然のように私はタイ語なんてわかりません
(;´Д`)


で、彼女もGOGO娘なので、タニヤ嬢とは違って、日本語はほとんどわかりません。


一応指差し会話帳は持ってますが、私がタイ語の本を持ってるのと同じくらい無用の長物化しています(笑)


なので、結局は両者がかろうじてわかる共通言語である、英語を使っての会話となるわけですが、これまたすぐに意味がわからず詰まってしまう(激汗;)。


で、お互い、何が言いたいのかわからなくなり、途中からは『OK!OK!』となり、最後には、どさくさ紛れみたいに、『I love you!』、『I miss you!』、『You are my フェーン!!(タイ語で恋人の意味)』なんていう英語とタイ語のチャンポン言葉までもが脈絡もなく飛び交って終了・・・というのがいつものパターンなのです(苦笑)


まあ結果的には、“意志の疎通だけはできたからよしとしよう”、と自分に言い聞かせてはいるのですが、こんな苦労もタイ娘との擬似恋愛の楽しみの一つなのかな?なんて、タイボケらしいプラス思考で考えている私なのでありました(笑)


※予告

☆タイ行脚回送記・7月編☆

近日公開予定(ただ今、資料整理中につき、もう少しだけお待ちくださいませ・汗;)



☆フィリピンパブネタなど満載の(domestic ver.)はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓
☆P.P.Pのロクなもんじゃねえ(domestic ver.)☆


☆いろんな情報はこちら
(クリックしていただけますと、ありがたいです)
↓↓↓↓↓↓↓↓

キングオブタイナイト






タイ夜遊び

Thai Site Ranking

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ






  1. 2009/12/05(土) 03:08:45|
  2. タイネタ
  3. | コメント:0

☆メディアコールズ☆



私もそうだし、みなさんもそうだと思うのですが、タイやフィリピンにそれなりに気に入った娘ができると、やはりたまには声を聞いたり、メールのやりとりなんかがしたくなってきますよね?


で、そうなると気になってくるのが、それにかかる費用という事で、年中金欠の私なんぞは、少しでも安いものはないかと、日夜検討してるわけなのでありますが、つい最近、


タイ娘との電話に最適なサービスを見つけました
!!(゚∀゚)!!



それは、“メディアコールズ”と言って、固定電話からでも、公衆電話からでも、携帯電話からでもいいのですが、最寄りの基地局に電話して、そのあと国番号+電話番号(頭の0は取る)を押せば、その基地局までの電話料金だけで、現地のタイ娘と会話が出来てしまうという、超スグレモノのサービスなのです(すでに、ご存知の方は、今さらの話ですみません)。


しくみは、こうです。


最寄りの基地局へ電話して、タイ娘に繋がるまでの時間、ちょっとしたCMが流れるのですが、そのCMのスポンサーが、現地までの料金を負担してくれているらしいのです。


ただし、携帯から基地局にかけたのでは、例えば私の場合、一分¥42かかってしまいますので、ワールドコールカードを金券屋で買って電話した方が安くなってしまいますので、固定電話、あるいは公衆電話の市内通話で、つなげる事をオススメいたします。


と、言う訳で私も先日、実験をかねて、公衆電話からかけてみました。


私は名古屋なので、名古屋の基地局への電話です。


ちなみに公衆電話の市内通話料金は一分10円です(深夜にかけたので、もっとお得だったはず)。


基地局に電話→ガイダンスが流れる→国番号(66)→携帯番号(頭の0を取る)→#を押す


と、いう具合に、マニュアル通りに進めると、何やらCMが流れてきました(笑)


するとCMは思ったより、あっさり終わり(笑)、続いてタイ音楽(呼び出し音)が聞こえてきました・・・


デタ━━━(゚∀゚)━━━!!!


無事、タイの“擬似恋人”に繋がりました(笑)


会話は何分かは正確には覚えてませんが、そこそこ話せて、かかった料金は、30円ほどでした。


これはいい!!(゚∀゚)♪


まだご存知でないみなさんも、是非一度試してみられる事を、オススメいたします。


なお、蛇足で恐縮ですが、現在の“擬似恋人”は

Nちゃんではありません(笑)


※予告

☆タイ行脚回送記・7月編☆

近日公開予定



☆フィリピンパブネタなど満載の(domestic ver.)はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓
☆P.P.Pのロクなもんじゃねえ(domestic ver.)☆


☆いろんな情報はこちら
(よろしければ、クリックも)
↓↓↓↓↓↓↓↓

キングオブタイナイト







タイ夜遊び

Thai Site Ranking

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ





  1. 2009/12/04(金) 05:32:16|
  2. タイネタ
  3. | コメント:0

☆2009年・3月度・タイ行脚・総括☆



と、いう事で、タイトルにもありますように、


2009年3月度タイツアーの総括です。


データバンク的に、お送りいたします(笑)


☆使用空港:中部国際空港セントレア⇔タイ・スワンナプーム国際空港

☆使用航空会社:JAL

☆航空券の種類:格安航空券

☆航空券代金:43100円

☆ホテル:グランドビジネスイン(スクムビットsoi11)

☆ホテル代金:一泊1500バーツ×7泊+レイトチェックアウト750バーツ=11250バーツ

☆マッサージ受けた日数

■7日

☆夜遊びスポット

■タニヤ・4夜

■ソイカ・2夜

■ナナ・1夜

☆入った店・【タニヤ】

■プレイガール 2回

■○○○○○

■Kiss Me 2回

■Pink Soda

■美樹

■デイドリーム

■アテッサ

■アミーゴ・2

☆入った店・【ソイカ】

■ローハイド

■デジャヴ

■Tilac

■Kiss

■After Skool

■ジャングルジム

■バカラ

■シーバス

☆入った店・【ナナ】

■レインボー・4

■レインボー・2

■エロチカ

■レインボー・1

■マンダリン・1

※タニヤ・ソイカ・ナナともに、覗いただけで着席しなかった店、着席したけど5分といなかった店は、省いてあります。

☆凸凹

■Nちゃん(○○○○○)4回

■名前失念(エロチカ)1回

☆一人寝

■3夜


※コメント※

いくらNちゃんにのぼせたとは言え、ちょいと偏りすぎました(汗;)


帰ってきてから、もったいない事をしたと、猛省しておりますた(笑)


タニヤでは、やはり“プレイガール”は、あらゆる面でのぶっちぎり感は否めませんでしたが、後を追う“Kiss Me”、そしてさらにその後に付けた“Pink Soda”が、私的なベスト3という感じでした。


ソイカでは、やはり“After Skool”はオススメですね。


その他も、“デジャヴ”、“ジャングルジム”がちょいと今イチな以外は、平均して楽しめました。


ナナは、やはり“エロチカ”と、“マンダリン・1”は、お気に入りの店です。


一方レインボー系は


“せっかくナナに来たのだから、一応は覗いとくか”


と、いうレベルの期待感しか、ないですね。


と、言う事で、私的なタイの夜遊びスポットの好きな順は、


ソイカ>タニヤ>ナナ


と、いうところです。


この反省が、次の訪タイで、どのように生かされたかは、近日公開の


☆タイ行脚回想記・7月編☆


にて、お楽しみください(笑)




★注:回想記に登場する店、および在籍娘の情報は、あくまでもその当時のもので、現在の情報ではありません。



☆フィリピンパブネタなど満載の(domestic ver.)はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓
☆P.P.Pのロクなもんじゃねえ(domestic ver.)☆


☆いろんな情報はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓

キングオブタイナイト







タイ夜遊び

Thai Site Ranking

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ






  1. 2009/12/03(木) 04:03:31|
  2. タイネタ
  3. | コメント:0

☆タイ行脚回想記・3月編~8日目(最終日)☆



『生』と、いう名の“禁断の果実”をかじってしまった翌日、そう、いよいよ泣いても笑っても、最終最後の帰国日がやってきて、しまいました
(´・ω・`)

いつも最終日はそうなんですが、まずは日本への土産を買わないといけません。


と、いう事で、いつものように『ずっと一緒にいる!』と言うNちゃんをなだめ、アパートに帰しました(笑)


理由は日本で待つフィリピンパブの各指名娘におみやげを買わないといけないからです(笑)


友達や家族、職場への土産なら付いてきても問題ないのですが、指名娘へのみやげとなると、横にNちゃんがいたんじゃ、ちょいと買いにくいですからね(笑)


はっきり言って、この指名娘にみやげを買うのが、一番メンドクセー時間です
(-_-#)


時間もかかるし、鴨客からの貢ぎ物になれてる彼女たちが気に入りそうなものは、なかなかないし・・・(汗;)


男友達のものは、わりと簡単に決まるんですけどね(笑)


と、いう事で、この日は今ツアー初めてC氏とも待ち合わせもせずに、午前中から単独でMBKへ。


昼過ぎまで買い物をし、何とかみやげを調達したあとはタニヤに移動して、『酒の店』でランチを食い、『つくば健康センター』で、今ツアー最後のマッサージを、二時間こってりと受けました。


ホテルに帰ってからは、荷造り&シャワーをし、そして18時にチェックアウト(レイトチェックアウト)。


ちょうどチェックアウトをすませたところに、またまたNちゃんの登場です(この日も仕事は休ませますた・笑)


フロントに荷物を預け、私、Nちゃん、C氏、そして“ミスター3P”A氏の四人でスクムビットプラザの焼肉屋『カボレ』へ、最後の打ち上げに向かいました。


最後の夜のビアシンは、より一掃ほろ苦かったですな
(∪o∪)。。。


打ち上げの後は、スクムビットに並ぶ、屋台を冷やかしながらホテルに戻り(C氏は一人ソイカに行きましたが・笑)、午後20時半、我々は空港行きのタクシーに乗りました。


余談ですが、JALだとTGより、一時間半近く出発が早いので、最後のそのたった一時間半が、めちゃめちゃ損した気分になるんですよね・・・


Nちゃんは、当然のように『空港まで行く』と、言っておりましたが、私は空港での別れは、その舞台効果からセンチメンタルになりすぎてしまい、あまり好きではないので、再会の約束&ハグ&キスだけをして、ホテルのロビーにてお別れをしました(チェックアウトしちゃったから、もう部屋を使えないのです・笑)。


そして、深夜23時過ぎ、我々を乗せたJAL便は、無事スワンナプーム国際空港を出発、バンコクの灯を次第次第に遠ざかり、今回のツアーは幕を閉じたので、ありました
・゚・(ノД`)・゚・。


期待していただいたみなさん、最終日らしいドラマも何もなくすみません(笑)


次回のツアーは、さらなるドラマがたくさんありますので、近日公開の新シリーズ、“7月編”にどうぞご期待ください(笑)




★注:回想記に登場する店、および在籍娘の情報は、あくまでもその当時のもので、現在の情報ではありません。



☆フィリピンパブネタなど満載の(domestic ver.)はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓
☆P.P.Pのロクなもんじゃねえ(domestic ver.)☆


☆いろんな情報はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓

キングオブタイナイト






タイ夜遊び

Thai Site Ranking

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ






  1. 2009/12/01(火) 18:51:14|
  2. タイネタ
  3. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。